« 要望と作風と6 | トップページ | 要望と作風と8 »

2007年2月17日 (土)

要望と作風と7

そのうち、ちらほらと家具のお問い合わせをいただくようになった。

だが、まだ駆け出し。
ろくろくサンプル品も作ってないし、営業写真だって満足にない。

だから、お客さんだって分かりにくかっただろう。

「果たして、この人、どんな家具を作るのだろう?」


だから、お客さんの要望も様々だった。

図面を出して、この通り作って・・ とか
雑誌の写真などで、こんな雰囲気で・・ とか
ひと言 椅子作って・・ とか

お客さんが10人いれば、10人の思いがあり、その伝達方法も十人十色。

自分の作風がどうとか言う前に、まずお客様の要望を正確に理解し、交通整理をしていかねばならん。
そりゃ必死!

今みたいにホームページがあり、作品数もそれなりに溜まっていれば打ち合わせもやりやすいが・・
当時、何もない。

そんな中でも注文してくださった当時のお客様には本当に感謝しております。


ともあれ、まずは要望を実現する形を考えるのに忙殺されることとなった。


作風??
そんなの、どうでもいい。

とにかく、ご満足いただけるものを作ること・・
それが全てだったのだ。


つづく

|

« 要望と作風と6 | トップページ | 要望と作風と8 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 要望と作風と6 | トップページ | 要望と作風と8 »