« 要望と作風と | トップページ | 要望と作風と3 »

2007年2月12日 (月)

要望と作風と2

お客様のご要望と、自分の方向性が合わないとき。
実際に、このようなことは時々ある。

また、似たようなことなのだが・・・
お客様から図面のようなものを提示されて、この通り作ってくれ! と言われた場合。

もう一つ・・・
やはり似たようなことだが、部分的な加工など、いわゆる下請け仕事の依頼があった場合。


開業間もない頃、このようなことが多々あった。
どのように対応すべきか悩んで、先達に相談をしたことがある。

その方の答えは・・
気が乗らない仕事は受けないほうが良い。

とのことだった。


・・ やはり、そうなのかな?


仕事は選んだほうが良い。
と言われる方は多い。

確かに、気分が乗らない仕事をしても良い成果は期待できないだろうし、そうなると、自分にとってメリットもなく、第一、お客さんに対して失礼だ。


でも・・・

開業当時、仕事の依頼はとても貴重なものだった。
いや、もちろん、今でもとてもありがたいことなのだが・・・当時、減っていく預金通帳を眺めていると、仕事を選ぶなんて贅沢なことは考えられなかった。


つづく


|

« 要望と作風と | トップページ | 要望と作風と3 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 要望と作風と | トップページ | 要望と作風と3 »