« 木工環境は・・ | トップページ | 手帳をたどる物語 »

2006年12月 9日 (土)

一万円ならば

忘年会の予定だったが、都合でお流れとなった。

予算が浮いた。

一次会から、二次会でスナックなんて行って、締めにラーメンなんか食べて、タクシーで帰ったなら・・
軽く一万円を超える。


さて、浮いた一万円。
なんに使おう?

やっぱり、工具かいな?


この仕事を始めて、金銭価値を工具で計量する習性がついた。

例えば・・・

 5千円ならば  ルータービット
 1万円ならば  チップソー
 2万円ならば  鉋
 10万円ならば 木工旋盤

なんて具合。

う~ん・・ 20万ならば・・・
手押しガンナを遠心ブロックに変えたいな~


ともあれ、この一万円。
どうしよう?


悩んだときは・・・

そう、温泉!

早めに切り上げて、夕方から温泉へ・・・


湯に浸かりながら夢想は続く。

 100万円ならば  パネルソー 自動プレスなど
 
うひ~ たまんないね♪

 1000万円ならば 工房移転 新築

これは実現したいな~


おっと、そんなことじゃなく、この一万円・・・
現実的に考えねば!


それにしても、いいお湯だ。
気分もゆったり・・


夢見心地。


で・・・

もし一億円なら・・・・???

|

« 木工環境は・・ | トップページ | 手帳をたどる物語 »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木工環境は・・ | トップページ | 手帳をたどる物語 »