« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

虫食い事件

大掃除のついでに衣類の虫干しでもしようとクローゼットを覗いてみたら・・

やられた!
虫食い!

しかも、一番高価なフランネル製のチェスターフィールドコート。

ぐぁぁぁあぁぁぁ~ (絶叫)


その昔・・
3ヶ月くらい迷いに迷って、清水の舞台・・・ いや、福岡タワーのてっぺんから飛び降りる覚悟で購入したとっておきのものなのにぃぃぃ~

ヘナヘナヘナ・・・・


横に並べていた、ツイードのジャケットはまったく無傷。
高価なものほど美味しいのか???


まあ、木工を始めてからこのコートを着ることはほとんどなくなったので、大勢に影響はないのだが・・

だが、自身の頑張りの象徴的存在であり、精神的支えでもあったのだ(大げさ)

しかし・・
嘆いても仕方がない。

諸行無常。
形あるもの、いつか滅びる。
コートも、いつか穴が開く・・

と、前向きに気持ちを切り替えるのであった。

でも・・・ かけはぎ屋に相談してみようかな?
防虫剤を三倍に増量するかな? (ウジウジ)


それにつけても、一年の終わりがコートの虫食いの話題なんて貧弱すぎる。
尻すぼみのブログでござんす。


ともあれ、皆様よいお年を・・
来年もよろしくお願いします。


| | コメント (0)

2006年12月30日 (土)

仕事納め

午前中事務仕事をやって、さあ、これで仕事納め。

午後から大掃除。

やはり、一年分の埃はすごい。

幸い今日はよい天気。
風呂・トイレは私の担当。
シャツ一枚で、ずぶぬれになってもそれほど寒さは感じない。

それにしても・・・

すごいぞ、カビキラー!!

なんだか、ちょっと見ない間に、相当パワーアップしたのじゃないかね。
しつこいカビも数分できれいに。

看板に偽りなし!!


さあ、掃除の目処もついたし、
今日は最後の忘年会だし、

これであとはのんびりと・・・

あああ いや 
年賀状・・・まだ書いてないよ~

| | コメント (0)

2006年12月29日 (金)

今年最後の作業

昨日は、今年最後の納品を無事終えて、そのまま忘年会へ。
訓練校の先生、近隣のプロ木工家仲間との会。
毎年の恒例で、これで無事年が越せそうだ。


今日はキャビネットの扉作り。
これが今年最後の仕事・・

一気に6枚を作る。
パーツ数は全部で50枚を超える。

一気に鉋をかける。
これが今年最後の鉋掛けだ。

いっせいに組み立てて、終わり。


これで、今年の作業・・・全て終わり~♪
ああ、肩の荷が下りた。


残りは・・
そう、おなじみの事務仕事。

明日は仕事納め。
もう一息頑張るべ・・・

ああっ
年賀状がまだだった~(大汗)

| | コメント (0)

2006年12月28日 (木)

忘年会

本日は忘年会でダウン!

おやすみなさい zzzzz

| | コメント (0)

2006年12月27日 (水)

あと三日

オイル養生中。
何とか間に合った。

明日は納品♪
これで、今年の予定は全て終わり。

ほっとして、座り込みそうになる。


だが、ここで気持ちを緩めるとヘナヘナになってしまい、そのまま堕落の正月へ突入してしまいそうだ。

今年は30日が仕事納め。
そこまで気持ちを持っていかねばならない。


気が萎えそうになったとき、どうすればよいのか?

とりあえず、気のむかないまま手を動かしてみる。
ゆっくりでいい、淡々と目の前のことだけをこなしてみる。

そうすると、また気分が盛り上がって緊張感が出てくる。

緊張感がでると、集中力も高まってくる。

あと三日、最後まで集中して・・・
毛がなく・・ じゃなくて 怪我なく・・
きちんと今年を締めて終わろう。

| | コメント (0)

2006年12月26日 (火)

今年を振り返ったりする

雨の予報だったが、降らなかった。
ラッキー♪

今年最後の家具も組み立て完了。
そして、オイル塗布へ・・

刷毛でオイルを塗りながら、つらつらとこの一年間を振り返ってみたりする。


今年は一度も展示会をしなかった。
そのため、新しい提案型の家具を作ることができなかったのが心残りでもある。

パソコン用デスクや、チェアーなど・・
構想は頭の中にあるのだが・・


弊工房は注文家具なので、もちろんお客様からのご要望を形にするのが第一だ。
だが、物づくりの方針は、お客様と作り手とのコミュニケーションから生まれていく。

つまりは、両者の双方向、相互作用なのだ。

であるので、作り手側からの発信も欠くことのできない重要なポイントとなる。

そのためにも、年にいくつかは作り手側から提案するモデルを作って行きたい。
強くそう思っているのだが・・・


それが今年はできなかった。
やはり、展示会というマイルストーンがないと、これにはなかなか手がつかない。

そんなこんな反省も踏まえつつ、残された日々で来年の目標なども考えてみるかなぁ。


やればやるほど、難しいものです。

| | コメント (0)

2006年12月25日 (月)

ローストチキン

昨日の料理、ローストチキンもうまく行った。

なに、ローストチキンといっても別に難しいことはない。
魔法の調理器具、ダッチオーブンを使えば楽勝なのだ。

チキンにたっぷりとクレージーソルトをふりかけ、キンキンに熱したダッチオーブンに放り込んで一時間。

香ばしいローストチキンの完成だ。


料理をするのは、よい気分転換になる。

同じ物づくり。
創造性が大事なのも同じ。

ただ、木工は何十年も残るものを作るのに対し、料理は食べてしまっておしまい。
この対比も面白い。


ともあれ、家族で静かな(?)イブを迎えることができた。

木工をはじめて一番よかったのは、いつも家族と食卓を囲むことができることだ。
これで、年末の不休体制も何とか乗り切ることができそうだ。


本日、家具を一つ送った。

さあ、これで今年の残り、あといよいよ1アイテム。

ようやく終わりが見えてきた!

| | コメント (0)

2006年12月24日 (日)

最後の詰めまで

追い込みも佳境から終盤へ!
ようやく出口が見えてきた かな?

何とか年内に納めることができそう かな?

まだ予断は禁物。

今から先、一つのミスも許されない。

さらに気を引き締めて・・・
穿いてないけど、ふんどしの紐を締めなおして・・

最後の詰めまで頑張ろう(決意)


ところで、今日はクリスマスイブ。

家族でパーティー。

今からローストチキンと、ビーフシチューを作らねばならぬ。
これも、ミスは許されない。


どちらも頑張ります(決意)

| | コメント (0)

2006年12月23日 (土)

修理・リメイク

時々、家具の修理やリメイクなどのご相談をいただく。

だが、原則としてお引き受けしないことにしている。


長年使われた家具は、傷の一つ一つにかけがえのない思い出がしみこんでいる。
それらを、どこまで残し、どこまでを削り、どこから新し物に取り替えるのか?

とても難しい。

以前、気軽な気持ちで修理を請けたことがある。

取っ手がかなり傷んでいたので、新しいものと取り替えた。
ところが、お客様にとっては、その取っ手が思い出の象徴であったとのこと・・・

そのときの、お客様の無念そうな顔は今でも鮮明に覚えている。

取り返しのつかない失態をやらかした苦い経験だ。


新しいものを作ることと、古いものを修理すること・・
これらは、全く別個のものなのだね。


新しいものは、思う存分創造性を発揮すればよい。

だが、古いものを修理するときは、その家具にしみこんでいる思い出を保存しつつ、新しいものにしていかなければならないという、大変難しい命題が課せられる。

これは、新しいものを作る以上に困難な作業かもしれない。

まして、リメイクともなればなおさらだ。


まだ私には修理・リメイクをお請けする覚悟ができていない・・のだ。


あっ 私が作った家具はもちろん修理・メンテナンスなどいつでも行いますよ。
何かありましたら、いつでもご連絡くださいませ♪

| | コメント (2)

2006年12月22日 (金)

暖冬? 厳冬?

午前中納品へ!

よし、これで年内納期、あと2アイテム。
頑張るべ!!


帰りがけに古着屋に寄ったら、columbiaのダウンジャケットが1万円♪
思わず衝動買い。

でも、今のところ暖冬傾向で、これを着るときあるのかしらん??

でも、家具製作にとっては暖冬はありがたい。
鉋を研ぐ手の感覚も鈍らない。

でも、去年も暖冬と見せかけて、突然寒くなったしな~


明日、明後日はよい天気らしい。
連休に、クリスマスだそうだ。


さあ、どうしよう??

って 普通に仕事します。

| | コメント (0)

2006年12月21日 (木)

痛い話

痛い話 (ご注意)

木工をやっていると、とげ刺しなど、絆創膏のお世話になることも珍しくない。
時には、刃物で・・・なんてこともあったりする。

が、鋭利な刃物の傷はたいして痛くないし、傷もすぐ治って痕も残らない。


一番痛いのは・・・
かなづちで指を叩いたとき。

この痛みたるや、まさに筆舌に尽くしがたい。

訓練校のときに経験した。
ほぞを抜いているときに、ガツン!


悶絶 とは、このことを言うのだろう。
床に転がって、そのまま動けない。

全身の毛穴が開いて脂汗が出てくる。

汚い話だが、顔面の筋肉が弛緩するのか・・
よだれや鼻水なども。

顔から血の気が引き、体温が下がる。

叩いたのは人差し指。
その後、第二関節から上が紫色に変色し、痛みはひと月ほども続いた。


苦い経験をした。
このため、これ以降、かなづちを使うときは相当に注意をしてきたのだが・・


今日、やっちまった。
5年ぶり。

やはりほぞを抜いているときに、軽くコツンと!

うわっ と思った。
その瞬間は、痛みはなかった。

が、その数秒後・・

きたきたきたきたきた・・・
いたたたたたたたたた・・・

一瞬気を抜いた隙のこと。
5年ぶりに味わう痛みだ。


が、今回はごく軽くだったので、大事には至らなかったのが幸い。
親指のつめに、米粒大の青じみができた程度で済んだ。


あれほど注意していたのに。
この年末の追い込みで焦っていたのか??
そんなはずは・・・


いやいや、これはやはり警告だろう。


自分では焦っているつもりはないのだが、やはりどこか注意力が散漫になっていたに違いない。

今年もあと10日しかない・・
いやいや、まだ10日もあるではないか。

最後の追い込み、改めて気を引き締めなおさねば!!


それにしても、まだまだ未熟だな~ (少々へこんだのだった)

| | コメント (0)

2006年12月20日 (水)

雨にも負けず

午前中、納品へ。
ほっと一安心。

さあ、これで年内納期、残り3アイテム。
だんだん終着点が見えてきた。

間に合うのか?
それは、まだ分からない。


ここでこうして、あそこでああして、そんでもって、どうするかいな?

週間天気予報を睨みながら、工程の組み立て。


ついに、あと10日余りとなった。

雨にも負けず、風にも負けず、冬の寒さにも、子供の叫び声にも、バカ猫のフンにも負けず・・
とにかく、乗り切るのだ。


ああ 年賀状もまだだよ~

| | コメント (0)

2006年12月19日 (火)

三丁目の夕日

小学校は冬休み前。
午後から個人面談があるとのことで、こども達は昼過ぎには帰宅する。

ああ、もう帰ってきやがった!!

10分後に、わが工房の周りは子供たちの遊び場と化す。


工房は、昔ながらの住宅街にある。
しゃれた門扉や生垣などさえぎるものもなく、道端からそのまま家の中に入ることができるのだ。

このため、息子二人にその友人たちを交えてのたまり場となってしまう。


前の空き地(駐車場)でドッジボールをやっているらしい。
大声で叫んでいる。

そして、お決まりの喧嘩!


ああ もう うるさいな!!


思えば自分の少年時代、やっぱり空き地で遊んでいて、隣の雷親父から怒られたっけ。
そのようなこと、日常茶飯事だったな。

あのときのオヤジの気持ちがよく分かる。


でもな・・・
今となっては貴重な遊び場かもしれん。


映画、三丁目の夕日のような風景。
そのひとコマが、まだかろうじて残っている。

こどもの遊び声。
いいじゃないですか、我慢しましょう。

と、自分に言い聞かせるのだった。

(でも、作業効率下がるよ トホホだよ)

| | コメント (0)

2006年12月18日 (月)

完全燃焼

火事場の馬鹿力?
追い込まれたときの集中力はたいしたもんだね。

今日は、一日半の工程を一日で仕上げることができた。

やればできるじゃん!


が、作業完了して工房から出たときは完全燃焼状態。
うへぇ もうだめ。


年末までまだまだ続く。
明日も張り切ってやりましょう。

| | コメント (0)

2006年12月17日 (日)

カウントダウン

昨晩、飲みすぎたわけではないのだが、寝起きがどよ~ん。
鏡を見ると、ハニワみたいな顔・・

おまけに、寝癖で頭ぐちゃぐちゃ。


こりゃいかん、午前中は打ち合わせなのだ。


顔洗って、歯を磨いて・・・
トーストとコーヒーで何とか復活。

みぞれが降る中、打ち合わせへ。
おそらく、これが今年の打ち合わせ納めとなるだろう。


午後から製作。
今日は寒い。
何でも、一番の冷え込みらしい。

ブルブルブル・・・


皮肉なことに、こんな日に限って鉋掛けの工程がない。
電気ストーブの前で、ちまちまと進める。


もはや、工程はカウントダウンの様相となってきた。
カレンダーとにらめっこ。

ああ、もう、どうして一日が48時間でないのだろう?

綱渡り的な状況。
どこかで転ぶとまっさかさまだよん。


残り時間、二十日あまり・・・
とにかく、一歩ずつ進むのみ(気合)

| | コメント (0)

2006年12月16日 (土)

忘年会

押し詰まってきて、仕事も逼迫した状態が続いているが、忘年会も増えてくる時期。

会社員の方なら、大正漢方胃腸薬なんてのをかばんに忍ばせていることではないかな?
私も勤務時代はそんな感じだった。

でも、この仕事を始めてから忘年会の回数は激減した。
最初の頃は少々さびしいような思いもしたが、体調のためにはあまり飲みすぎないほうがいいね。


今年の予定回数・・四回。
これくらいならへっちゃら!

というわけで、今日がその第一回目。
仕事の息抜きに、ちょっと行ってきま~す♪

| | コメント (0)

2006年12月15日 (金)

魅力的な雑誌は

昨日、納品の帰りに本屋へ寄った。
そのときに気付いたのだが・・・

最近、雑誌を買わなくなった。

考えてみると、ここ数年、ほとんど雑誌なるものを買っていない。

以前は、毎週のように何やら買いこんで眺めていたのに・・・


雑誌のコーナー  立ち寄りはするのだが、ぱらぱらとめくるくらいで買うことはない。
小説は相変わらず買って読んでいるのに、どうも雑誌に触手が伸びない。


最近は、男性誌の発刊ブームなのか、やたらとその手の雑誌が多い。
立ち読みするも・・なんか、どれもこれも つまらん!


どうも、以前は全方位に伸びていた好奇心のアンテナがだんだん縮小しているようだ。

これって、歳のせい??


また、木工の仕事を始めてからこの傾向が極端になったような気がする。

もしかして、木工のせい??

あ~あ どこかに魅力的な雑誌 ないかな~?


| | コメント (0)

2006年12月14日 (木)

車検 通すか??

打ち合わせ、納品などで福岡市まで走る。

わが車も、あちこちガタがきており、いつどこで止まるか分からない。
高速に乗る前は、ちょっと緊張したりして。


来年2月で車検が切れるのだが・・

う~ん、もう一回車検を通すか??

そうなると、慢性水漏れ状態のラジエター交換、タイヤ交換、ファンベルト類の交換、オイル交換、オイルフィルター交換、その他なんたらかんたらあれこれかくかくしかじかいかのしっぽの交換もあるだろうし、これに重量税なんてのが乗っかってきちゃうので、果たしてウン十万円になるのやら??

やはり、税金対策を兼ねて買い替えかな?
でもな~ とりあえずまだ動くしな~

そんなことを考えながら走る。
まあ、とりあえず、無事に到着。

打ち合わせ、納品と、順調にこなす。


ほらね、まだまだ大丈夫でしょ!
と、車が言ったように思えた。


そうだよな~
まだつきあうかな~?

車検まであと数ヶ月。
いろいろ考えようっと。

| | コメント (0)

2006年12月13日 (水)

腕にサロンパス

朝、お客様をお迎えして打ち合わせ。
製作中のダイニングテーブル、天板と脚のバランスをご確認いただいた。

ご近所のよいところ。
製作途中に実物をご覧いただくことで、より理想的な形に近づけることができる。


さあ、最終仕様は決まった。

と言うわけで、天板の鉋掛けにかかる。

ここのところ、連日の鉋掛けが続いており、腕がぁ~
上腕三頭筋が悲鳴を上げている。


ふぇ~ しんど。


そんなにしんどいなら、サンダーで仕上げればよいのに・・
なんて思われる方もいらっしゃるかもしれないが・・

やはり、鉋でないとだめなのだ。

ひーひー言いながら、何とか完成。


次は、裏面にそり止め用の吸い付き残を打ち込む。
これで一安心。


はぁ~ 


納期が切迫して、並行製作が続く。
そのため、鉋掛けのタイミングも同じときにづづくことが多い。

今日は、腕にサロンパス貼って寝よう。


| | コメント (0)

2006年12月12日 (火)

ミス 確認

ミスしないようにと言ったばかりなのに・・
早速ミスってしまったよん。

加工ミスではなく、設計上のミス。


加工しながら気がついた。

これじゃ、棚板をセットできん!!!

あわわわわわ・・・


框などが三次元的に入り組んでいる部分で、図面上の検討時に棚板との立体的な取り合いを見落としていた。


ひゃ~ どうすんべ??


しばし手を止めて考えてみる。
幸いなことに、設計を一部変更して、部材に追加工を施すことで回避できそうだ。


よかった♪


これが回避不能だったら、部材の廃棄や、最悪は作り直しになるかもしれないところだ。


最近、キャビネット類での設計ミスはほとんどなかったのだが・・
やはり気が急いているのか? 
集中力が落ちてしまったか?


会社のときを思い出す。
ミスが見つかったら、他にもないか今一度確認をすべし。

そうだ、確認。

作業台の上で、部材を立体的に組み立てて調べる。
よし、他にミスはない!


中断一時間で作業再開。


ミスは痛かったが、気付いてよかった。
これが、組み立て後だったら・・・(ぞ~っとするね)


「必ず確認しなさい」
と、訓練校の先生からいつも言われていた。

その言葉の重みを、ひしひしと思い知らされたことだった

| | コメント (0)

2006年12月11日 (月)

木工家が走る

師走も三分の一が過ぎ、いよいよお尻に火がついてきた。
年内納期、あと6アイテム。

果たしてできるのだろうか??(冷汗)


年内不休体制。

とにかくやるしかない。


事務仕事を夜に回して、昼間はできるだけ工房に入る。

最大限急いで・・
しかし焦らないように・・

焦ると必ずどこかでミスをしでかす。

焦るな!!

集中力!!


インフルエンザの予防接種もしたし。
あとは体調管理に注意して、とにかく今年を乗り切るのみ。

木工家がゆく・・ じゃなくて
木工家が走る。

| | コメント (2)

2006年12月10日 (日)

手帳をたどる物語

来年の手帳を買った。
定番の能率手帳。

手帳を使い始めて、かれこれ20年になる。
途中、ちょっと浮気してシステム手帳なんてのを使ったこともあるが、結局最もベーシックな能率手帳に戻った。


手帳をたどる物語。

二十年のうち、二年間だけ手帳を持たなかった年がある。

会社を辞めて訓練校に通ったとき。
そして、その翌年・・開業一年目のこと。


訓練校のときは、スケジュールだらけだった日々からの解放感が心地よかった。
手帳よサラバ・・ てな感じ。

その翌年、開業一年目は手帳なんて必要なかったので、買うこともなかった。
注文なんてほとんどなかったし、展示会もしなかったのだ。

寂しい思いがした。


で、さらに翌年、開業二年目には手帳を買った。
でも、やはりスケジュールは真っ白。

そこに、初めての展示会の予定を書き込んだ。

一行だけ書かれた文字が印象的だった。


そのとき思った。
また手帳が必需品になるように・・・
それを目標に頑張ろう。


明日は、新しい手帳に来年のスケジュールを書き写そう。

手帳をたどる物語。
年末に新しい手帳を買うたび、この物語が続いていくように祈るのだ。

| | コメント (0)

2006年12月 9日 (土)

一万円ならば

忘年会の予定だったが、都合でお流れとなった。

予算が浮いた。

一次会から、二次会でスナックなんて行って、締めにラーメンなんか食べて、タクシーで帰ったなら・・
軽く一万円を超える。


さて、浮いた一万円。
なんに使おう?

やっぱり、工具かいな?


この仕事を始めて、金銭価値を工具で計量する習性がついた。

例えば・・・

 5千円ならば  ルータービット
 1万円ならば  チップソー
 2万円ならば  鉋
 10万円ならば 木工旋盤

なんて具合。

う~ん・・ 20万ならば・・・
手押しガンナを遠心ブロックに変えたいな~


ともあれ、この一万円。
どうしよう?


悩んだときは・・・

そう、温泉!

早めに切り上げて、夕方から温泉へ・・・


湯に浸かりながら夢想は続く。

 100万円ならば  パネルソー 自動プレスなど
 
うひ~ たまんないね♪

 1000万円ならば 工房移転 新築

これは実現したいな~


おっと、そんなことじゃなく、この一万円・・・
現実的に考えねば!


それにしても、いいお湯だ。
気分もゆったり・・


夢見心地。


で・・・

もし一億円なら・・・・???

| | コメント (0)

2006年12月 8日 (金)

木工環境は・・

作業をしていると 「こんちは~♪」 との声。
運送屋さん。

原木が届いた。

今年最後の入荷。
手分けして材木置き場まで運ぶ。

原油高を反映してのことなのか・・原木価格もジワリと上昇中!
いやな感じ。


さらに、中国での鉄需要の高まりを受けてとのことらしいのだが・・
チップソーなど、刃物の価格も上がっている。

一つ一つは小さいが、年間で積み上げてみると20万円くらいの出費増!
結構厳しいぞい。

また、納期も不安定になりつつある。
やはり原油高の影響で、できるだけ安価な船会社を探して輸送をするために、ルート・時間ともに不安定になっているとのこと。

危機管理として、大量にストックしておけばよいのだが・・
街中工房の悲しさ・・
置き場所がない。

なので、数ヶ月単位で使う分を都度発注することしか選択肢がないのだ(悲)


さらに、原木のサイズも変化している。
どうやら、ホニャララあたりのビッグマネーが買占めに走っているらしい。

今まで、原木サイズに依存した設計が標準になっており、必然的に見積もりや予算計画もこれに付随しているので、全ての皮算用が足元から脅かされている。


なんてこと、つらつらと一年を振り返ってみると、外部環境は徐々に厳しさを増しつつある。

どうする?

価格に転嫁するのは簡単だが・・
そのような安易な方法は取りたくない。


ではどうする?

う~ん、どうしよう??


考える、考える。
脳はいくら使ってもタダなのだ。

とにかく、頑張って考えるべし!

| | コメント (0)

2006年12月 7日 (木)

年末へ向けて

プロバイダのシステムメンテナンスのため、二日ほどブログが書けなかった。
ニフティー しっかりせんかい!

ともあれ、通常通り製作中。
寒いのも同じ。

今日は雨が降った。

寒いうえに雨が降ると、少々気が滅入る。

雨は~ふる~ あなたは来ない~♪ (ちがうでしょ)


ここのところ、パインを用いることが多かったが、今日でそれもひと段落。
次には、ハードメイプル、ホワイトオークなど、大変な材が控えている。

それを前に、鉋の調整。

鉋って結構複雑な構造で、調整ポイントも多い。
そのうえ、調整加減もかなり微妙でシビアなので気を使う。

あれこれ手を入れているとすっかりはまってしまい、結局半日もかかってしまった。

切れ味も鋭くなり、これでメイプルでもオークでもかかって来いってんだ。


その後、散髪へ。
伸び放題で、Drコトーみたいになっていた頭もすっきり。

これで準備は全て整った。

年末へ向けて一気にスパートなのだ。

| | コメント (0)

2006年12月 4日 (月)

オイルもいろいろ

いや~寒い。
言ってもしかたないことだが、寒い。

夏は暑いし、冬は寒い。

いや~木工って仕事は季節が感じられていいね~ (やけくそ)


寒くなると困ったこともある。

オイルの粘土が上がってしまうのだ。

特に、蜜蝋などのワックス成分が含有されたものは厄介で、ひどいときは固形化したりする。
なので、湯煎したり、ストーブの前で温めたりして流動性を高める。

毎度これが面倒なので、秋ごろよりオイルを変えた。

純粋なオイル成分のみのものと、液状ワックスを別々に仕入れて、それぞれを適当なレシピで混合するものだ。

これで快適に・・
と思っていたら・・

確かに、オイルについてはあまり粘性が落ちないのだが、ワックスはダメ!!
やっぱり固形化する。
逆さにしても出やしない(このアンポンタン)

なもので、やはりワックスは湯煎で溶かす。
そして、改めてオイルに混合しなければならぬ。

余計に手間が増えてしまった。


が、この混合タイプ・・
必要に応じた使い分けなどもできるので、それはそれで便利。


いいところも悪いところも。
人生いろいろ。
オイルもいろいろ  なのだ。

| | コメント (2)

2006年12月 3日 (日)

冬到来

突然寒くなった。
鉋を研ぐ指先がしびれる。

冬になったな~

さすがにハエも蚊も出ない。


工房にストーブを出した。

ストーブ・・ と言っても、薪ストーブではない。
800ワットの、その辺に売っている電気ストーブ。
せまい工房では、これでいいのだ。

こんな寒い日には、鉋掛けも心地よい。
段々体が温まってくる。

だが、腕の筋肉はもう限界。
悲鳴を上げる。

静電気はパチパチ。

だが、この乾燥した気候で木の動きは少ない。

良かったり悪かったり。

それも木工。
自然と共にあるのだ。

工房で迎える五年目の冬。
風邪をひかぬよう、頑張って乗り切ろう。

| | コメント (0)

2006年12月 2日 (土)

バチバチ

師走に入って焦りはじめた。

急がねばならない。

急いで・・いや、しかし焦ってはならない。
焦りはミスを誘発し、結果的に遅延へと連鎖する。

最悪の場合、怪我につながる。

過去、それで苦い経験をしたことがある。
あの過ちは、もう二度と繰り返したくない。


ともかく・・
集中力。

おお、恐るべき集中。
こんな具合で一年間過ごしたなら、きっと生産性は倍増するに違いない。


さあ、今日の工程はすべて終わり。
ほっとして休憩。

そのとき、機械に手が触れた瞬間・・

バチッ!!!!

静電気。


ああ・・ またいやな季節になったな~


帯電しやすいフリースを着て、周りは鋳鉄製の機械だらけ。
どこに触れてもバチバチバチバチ♪

ホント、恐る恐る機械に触る日々。
なんか、良い対策はないでしょうか??

ご存知の方いらっしゃいましたら、是非ご教示くださいませ。

| | コメント (2)

2006年12月 1日 (金)

鉋掛けの一日

ついに師走に入った。
覚悟はしていたが、実際に入ってみると精神的プレッシャーがずしんと・・

来月は・・ そう来年だ。

来年!! 

びっくりしますね~


ともあれ仕事。

ちょっと大きめのキャビネットを二個製作中。
これは、どこにもベニアを使わないので、部品の仕上げが大変。

仕上げ・・つまり、鉋掛けのこと。

膨大なパーツを目の前にしてしばし沈黙(汗)

削っては研ぎ、
研いでは削り、

研いで研いで研いで研いで・・
削って削って削って削る~♪
(円広志 夢想花のリズムで・・)


一日かかった!

腕はパンパン。
腹筋、背筋もひきつり気味。


事務室に戻って、椅子にもたれ天井を仰ぐ。

ふ~っ 

と?

ブーンと言う音。

ハエ!!


シュー (キンチョール)


で、今日はおしまい。

| | コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »