« メカ好きにとって | トップページ | 一つ解決すると »

2006年10月16日 (月)

基本は手

家具作りにおいて、機械と手道具の使用割合は8:2ほどだ。

機械の比率が高くなると、効率的ではあるが手作りならではの味わいが減少する。
対して、手道具の比率が高くなると、味わい深い作品にはなるだろうが、コストがかかりすぎて商売にはならない。

これらのバランスが難しい。


今日は、板組み家具を作っていた。

板組みとは、広い板状のものを組み合わせて作る技法なのだが、広い板になるほど機械が使いにくくなる。
そのため、手道具の出番が増える・・ということになる。


久しぶりに、ほぞを鋸と鑿で作った。

しらがきと毛引きを使って墨つけ。
その墨線を見ながら鋸で慎重に切っていく。

無心になる。

夢中になって練習を繰り返した訓練校時代を思い出す。

当時のこと・・・
機械加工ができなくて困っていたとき、先生から・・

あなたの腕は、何のためについてんの? 手鋸で切って、さっさと次へ進めなさい
と言われてはっとしたことがある。


そうなのだ、加工の基本は手なのだ。
機械を使い始めると、この基本を忘れてしまい、なんでも機械に頼ろうとするようになる。

そんな時、この先生のひと言で目の前が開けたように感じた。

訓練校時代の話。

今日ほぞを切りながら、そんなことを懐かしく思い出した・・・


|

« メカ好きにとって | トップページ | 一つ解決すると »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メカ好きにとって | トップページ | 一つ解決すると »