« ボディーテック | トップページ | メタボリック症候群 »

2006年8月 1日 (火)

吉村昭氏 逝く

NHKを観ていたら・・
作家の吉村昭氏が亡くなられたとのこと・・・

記録文学と言うのか、実在の事件をドラマチックに描くのが特徴だった。


吉村氏の本はあまり多く読んではいないが、「破獄」や「高熱隋道」など、記憶にこびりつくようなインパクトがある。


人間の極限状態とは?

もちろん私自身はそのような体験をしたことなどないのだが、それでも迫真力をもって眼前に迫ってくるようなリアリズムがある。

開高健にもそれらを感じるが、吉村氏の場合は淡々とした文体がより迫力を増しているようだ。


ああ、そうだよ。
これらに描かれている主人公たちに比べれば、工房の温度が36度だって、それが何だって言うんだ・・

こんな環境、まだまだ楽なもんだぜ。
なんて、やせ我慢。

|

« ボディーテック | トップページ | メタボリック症候群 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54115/11192748

この記事へのトラックバック一覧です: 吉村昭氏 逝く:

« ボディーテック | トップページ | メタボリック症候群 »