« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

ボディーテック

掃除してたら温度計が出てきた。

捨てるのももったいないので、工房内に設置してみた。

上がるわ上がるわ・・・
昼過ぎには36度まで上がった。

こりゃたのしい♪ 


と言うわけで、夏の秘密兵器登場。
ユニクロのボディーテック。

これ、スポーツ用に開発されたTシャツだそうだ。
100パーセント ポリエステルでできている。

汗を吸ってもべとつかない。
速乾性。


だそうだ・・・・


着てみる。

おおお  こりゃいいぞ。

確かに、看板に偽りなし。


綿のTシャツの場合だと、一日に3枚は取り替えないといけないところだが・・・
これは、取替えいらず。

べとつかないのがいい。
そして、休憩時間で外の風に吹かれると、たちまちさらさらに乾いてしまう。


スポーツ用や、山登り用として以前からあるポリエステルTシャツだが・・
ユニクロはなんと1,000円で手に入る。


いいぞ、ユニクロ。


とりあえず一枚のお試し買いだったが、この週末にはあと数枚追加で買ってこようっと。

今年の夏は、ボディーテックで決まりだぜ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

同じ疲れるなら

あまりにも暑いので、子供をつれて海水浴に。

皆同じことを考えるのだろう、駐車場は満車、渋滞。


日差しは鋭いほど。

真夏だ!


疲れた。


この時期、仕事も疲れるけど、遊ぶのも疲れる。
同じ疲れるなら・・・ 

やっぱ、仕事せねば・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

吉兆を考える2

吉兆がお客様志向へと舵を切る。
言い換えるならば、日本を代表する老舗料亭であったとしても、時代を捉え切れなければ立ち行かなくなると言うことだろう。

それが冷徹な現実だ。


お客様志向と言うと、すぐ迎合だの、志が低いだの・・そのような声が聞こえてきそうだ。

そういう人たちに問いたい・・
貴方は芸術がしたいのですか??

そうであるならば、何も言うことはない。
芸術ならば、その人しか理解できないような造作もありだろう。
思うところを存分にやればよい。


もう一つ・・・
自分の作りたいものを作るのと、お客様が望むものを作るのと、はたしてどちらが難しいのか?

それは・・・
いや、ここでは言及しない。
その答えは各々が出すべきものだろう。

料理長の言葉・・・
変えてはいけないもの・・

それはお客様との関係。
お客様に満足いただくこと。

それ以外に変えていけないものなどない。
とのこと・・・

名言 だと思う。


そのために、肉しか食べることのできない外人客も受け入れ、肉のみで懐石を作ってみせる。

懐の深さ、その凄みを感じる。


伝統・・
その本質は何なのか?

それは、単なる技術論や、薄っぺらなプライドや、独善的な思想ではないだろう。

芸術ではなく、商売と言う形態をとる以上は、お客様との関連性を第一義に考えることなくしてその他全ての事々は存在しない。


本質は何か?


それを追及し続ける先にしか、展望は開けてこないだろう。
もちろん、木工とて例外であるはずがない。


京都吉兆のホームページを見た。
企業関連のページは総じてつまらないものが多いが・・・

これは違う。
 参考 京都吉兆

久しぶりに刺激を受けるページだった。
対して自分のページは??

反省。
遅ればせながら、自身のページも見直さねばならない。

やるべきことは多々ある。
(バカ猫対策も・・)

要は、やるのか、やらないのか?
それ次第だろう。


とまあ、ちょっとお酒も飲んでいるので、いろいろと問題発言もあったかもしれませんが、まあ、笑ってご容赦くださいませ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

吉兆を考える

昨日のNHK 仕事の流儀。
吉兆 三代目 総料理長の話。

とても興味深かった。

吉兆と言えば、私でも知っている日本料理の最高峰。
食したことは・・もちろん、ありません。

嵐山の玄関を写真に撮ったくらい(苦笑)

吉兆ともなると、そりゃその格式たるや大変なもので、料理なんかも、きっと料亭側からの完璧なる提案によるスペシャルな懐石なのだろう・・・
なんて、勝手に思っていた。

ところが・・
まったく違う。

このあたり、TVを見た人には冗長になるが、少し続けたい。

バブル崩壊後、接待客が減少し、経営が左前になったそうだ。

そこでどうしたか?
現代のお客さんの嗜好にあう料理を提供する・・・という方向へ舵を切った。

「変える勇気」

それは、伝統が重くなるほど難しくなるだろう。
それをやった。

あの吉兆でも、お客さんの好みを考え、お客さんの満足のために伝統を破壊している。


三代目料理長はとても温和な感じの人。
厨房の中も、和やかな雰囲気で仕事が進むそうだ。

びっくりすることばかり・・・


長くなりそうなので・・・残りは明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

過酷な季節に

暑いぞ~
これから二ヶ月くらい、大変だ。

夏本番に、今日は鉋がけ。
ため息が出そう。


汗を落としてはいけないので、できるだけ汗をかかないように鉋を引く。
夏バージョンだ。

いつもよりゆっくりと引く。
力は要るが、汗の出は少ない。

首にはタオルマフラー。
これがベスト。

ひたいや、腕の汗をぬぐいながら鉋を引く。

時々、水流で腕全体を冷やす。
これ、効果的。


とにかく、夏を乗り切るためには体を夏仕様にしていかねばならない。

全国の木工家の皆様。
夏ばてしないように、頑張りましょう。
過酷な季節になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

バカ猫

注意!
食事が終った方のみお読みください。


工房の周りにバカ猫がいる。
おそらく5匹ほど。

たぶん、ノラ猫。


このバカ猫が、工房の入り口にフンをした。
しかも、踏んでしまったぞ・・(ああああ~)

朝一番で踏んでしまって、その後始末でてんてこ舞い。

ただでさえ工程が押しまくっているのに、こんなことで1時間近くもロスしてしまった(哀)


このバカ猫。


ひょっと見ると、材木の陰に居やがる。
腹立たしい・・・・


くそ~ どうすりゃいいんだろうな?


しょっちゅうではないが、年に数度嫌がらせのようにフンをするのだ。

このバカ猫。


どなたか、猫を寄せ付けない良い方法をご存知ありませんか??

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

曇りの日は板剥ぎをしよう

今日のお天気は・・・曇り。

天気予報によると、明日は次第に晴れてきて、気温が30度を超すだろうとのこと。

こりゃ、板剥ぎをするには今日しかない。
というわけで、朝からばたばたと加工をする。

テーブル天板や、ベンチなど・・
一気にまとめてクランプをかける。

室内温度は25度程度。
このくらいならば、まだゆとりを持って作業をすることができる。

これが、30度近くなってくると、接着剤乾燥時間との戦いになってくる。

30度を超えると、もはや作業は不可能だ・・
このため、夏場の板剥ぎは朝一番か、夕方以降にしかできなくなる。


しか~し・・・
今まで何度となく書いているが、この板剥ぎという作業、木工の中でも最も繊細で精度の求められる仕事だ。

なので、朝一番から取り掛かっても、接着剤を塗るのは気温の高い昼間になってしまって具合が悪い。
だからといって、夕方~夜にやると、一日の終わりで集中力が切れかかっているので、これまた具合が悪い。

そうなのだ、この時期、気温の上がらない曇りというのはとってもありがたい。

どうやら今週末には梅雨明けする模様。
これからは、曇りの予報をキャッチしながら工程を組み立てていかねばならぬ。

秋まで、天気予報から耳が離せない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

雨の日と月曜日は

お天気ブログシリーズ。

今日も雨。
この分だと、梅雨明けが八月になりそうだ。

げんなり。

「雨の日と月曜日は」
カーペンターズの名曲。

Rainy Days and Mondays always get me down...♪

まさにこんな気分。


いや、月曜日はそれほどブルーではない。
そもそも、この商売なんて、いつが休みなのかもあいまいだ。
ずーっとオンタイムのようでメリハリがない。

なので、月曜日が憂鬱ということもない。
かわりに、週末が楽しいということもない。

なんとなく、刺激がないまま日々を送っていたりする。

まあ、仕事なんて大体そんなもんだろうだけれどね。


でも、雨はいやだな。
特に、長雨はどうも気分がふさぎがちになる。

でも、この大雨の中、郵便屋さんが合羽を着て、ビニールに包んで濡れないようにして手紙を届けにきてくれた。

よし、こっちも頑張んなけりゃな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

うらめしや

お天気ブログ。

今日は大雨の予報だったが、午前中はまったく雨降らず。

この機を逃すな・・・
と言うわけで、急いで木取りを行い、保管スペースへ運び込む。

午後から降り始めた。
南部九州の前線が上がってきた模様で、今 5時現在、外は土砂降り。


近所の神社では祇園祭の真っ最中なのだが、この雨では露店商の人たちも商売上がったりだろう。

その中でも、うちの息子らはどこやらで金魚すくいをしてきた模様で、玄関は真新しい水槽や、空気ポンプなどが積まれていた。

これはこれで、夏の風物詩。
蚊取り線香はすでに活躍中なので、風鈴でも出そうかしら?

そして、打ち水に、スイカ・・・

日本の夏・・・に、早くなってよね。
うらめしや、梅雨。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

椅子に乾杯

お天気ブログ。
今日は曇り。

そして、今日は納品日。
良かった。

帰って椅子作りの続き。

椅子はとかく曲線が多い。
あっちもこっちも曲線。

バンドソーで荒切りして、反り台ガンナで形を整えて、ディスクサンダーやドラムサンダーで滑らかにして、最後は手で磨く。

大変な手間なのだが、こうやって少しずつ形を作っていくのは結構楽しい。

組み立てる。
いい感じ♪

椅子は、これら曲面パーツが三次元的に組みあがったこの瞬間がいい。
少々不適切な表現かもしれないが、色っぽいのだ。

眺めながらビールでも飲みたくなる。

いやいや、仕事だからな・・・
と思って時計を見ると 夕方五時。

ええ~い!
もう、今日はおしまい。

ビールのプルリングをプシュッと開ける。
椅子に乾杯♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

あの頃の自分に

すっかりお天気ブログになってしまった今日この頃。

今日は前線が南下した模様で、北部九州は雨も小休止。
ここぞとばかりに洗濯する。

少し晴れ間ものぞく。
ここぞとばかりにオイル塗布。


さて、メインは椅子の組み立て。
湿度が高く、木が伸びきっている状態なので、これが収縮した時のことを考えてほぞなどの調整をしなければならない。

いつも以上に気を使う。


ラジオは、高校野球の地方予選を伝えている。
我が母校は県大会まで進んで、今日はK工業高校と対戦。
見事勝利♪

やったね。

高校野球が始まると、高校時代を思い出す。
あの頃、今の自分を想像できただろうか??

そして、あの頃の自分に対して恥ずかしくない生き方をしているだろうか?

ちょっと、背骨がしゃんとする思い。


さあ、今年はどこまで進んでくれるか?
数年ぶりの甲子園も夢ではないぞ。

頑張れ後輩たち!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

雨の日は

よく降るね~
今日も朝から大雨。

溜息・・・

工程も、組み直しでやりくりできる段階ではなくなってきた。
雨が降ろうと槍が降ろうと、こうなったらとにかく先へ進めていくしかない。

と、開き直ってしまうと気分もプラス方向へ動いてくる。

屋根をたたく大雨の音に負けないようにラジオのボリュームを上げる。
ここぞとばかりに歌を歌う。


気分が乗らずに製作が進まないときは、乗らないままにとにかく手を動かしてみる。
動かしていると、それに引きずられるように気分が乗ってくる。

これ、心理学的にも正しいのだそうだ。


まだ雨は降り止みそうもない。
くさってても仕方ない。

今日も明日も、手を動かすのみだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

梅雨に思う

朝から大雨。
うう、納品日なのに・・・どうしよう?

と、お客様から電話。

「納品、どんなもんでしょうかね?」

「う~ん、厳しいかもしれませんね とりあえずお伺いします」


というわけで、出かける。

幸い、納品の時間には小降りになった。
う~ん、ついている。

納品後、打ち合わせへ。
リビングキャビネットのご相談。

またまた手作り家具ならではのユニークな構造になりそうだ。


昨今、手作り家具の存在意義や、市場競争の中で生き残っていくための方法などについて、ネット上でいろいろな意見などを見る機会が増えてきた。

無垢材の訴求、仕上げの種別、価格、デザインなどなど・・
様々な切り口からの考察など参考になるものも多い。

が、最も肝心なことは、どれだけお客様と共感しあえるか・・ということではないかと思う。

共感!

これ、とても難しい。

作り手側からの発信は、とかく一方通行になりがちだ。

自分のポリシーを語るのはいい。
しかし、発信してばかりでは独りよがりだ。

発信と同時に受信機の感度を上げて、アンテナを四方に張り巡らしておく。
その努力を維持継続、そして発展させることができるか?

それが最大のポイントのように思う。

地味で、地道な作業だ。
しかし・・・声を大にしていいたい。 
継続は力なり!!

開業は誰にでもできる。
最大の命題は、いかに継続させるかだ。


な~んて、自分に言い聞かしているのだ。

以上、梅雨に思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

連休は・・

連休中、避暑で飯田高原へ。
キャンプ♪

さすが標高1000メートル。
涼しい。
夜は肌寒いほど。

最終日はあいにくの雨模様だったが、それでも結構楽しめた。

このあたりは温泉の密集地帯。
毎度、どこの温泉へ行こうか迷うくらいだ。

今回は、筋湯温泉の打たせ湯がメイン。

いや~ ここはとってもいい。
近くにあれば、毎日でも通うけどな~

肩こりなんてすぐ治ってしまいそうだ。

子供たちの楽しみは竜門の滝での滝すべり。
夏のイベントはここに決まりの定番スポット。

食は・・やはり地鶏がことのほか美味しい。
炭火焼、地鶏そば、地鶏炊き込みご飯など・・どれも秀逸。

はげの湯では、地熱蒸し釜を借りて、とうもろこし、卵などの蒸し料理。
お土産は、岳の湯 白地商店の蒸し鶏がgood♪


湯布院、黒川はメジャーになりすぎて人ばかり。
それに反比例するように、魅力が低下してしまった。

なもので、もっぱらその周辺にあるもっとひなびたスポットを廻ることが多くなった。
でも、このあたりも徐々に知られてきており、人も増えつつある。

第二の湯布院、黒川にならないように、いい風情を残しておいて欲しいものだ。


さあ、下界に降りると現実が・・・
熱帯夜だし、仕事の効率は上がらないし。

メールは溜まっているし。

さあ、頑張ろう。

次の休みは・・・盆かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

お休みします

本日より17日までお休みにします。

暑いので、避暑に行く予定ですが・・雨が降るかも?

この間にいただいたお問い合わせは、休み明け、火曜日以降のご返信とさせていただきます。

では、行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

この暑さ

暑い・・・・!!
この暑さ、尋常じゃないよ。

例年のことで、夏の始まりは暑さがことのほか堪える。
でも、そのうち体が暑さになじんできて、それなりに平気になっていくのがいつものパターンだ。

そんなわけで、今年はまだ暑さになじんでないので大変。

しか~も・・今日は本箱全体の鉋がけと組み立てまであるというフルコース的工程だ。

Tシャツの首周りにタオルを巻く。
もう、カッコなんていってられない。

鉋でせっかくきれいにした表面に汗が落ちると、そこが染みになったりするので、汗を拭き拭き少しずつ鉋を引いていく。

途中で、両手を流水で冷やし、体温を下げる。
また、脱水しないように、まめな水分補給も欠かせない。

部品は、熱波の影響で反らないように、タオルや毛布にくるんでおく。
そのままにしておくと、たちまち捩れてしまう。


さあ、組み立て。

接着剤の乾燥も速い。
通常は15分程度のオープンタイムが、その半分以下になる。

クランプワークが忙しいこと。
ここでミスをすると、一巻の終わりだ。

プレッシャーで、さらに汗が出てくる。

それを拭き拭き、急ピッチで組み立て。


ふ~っ 何とか本日の工程完了。

さあ、シャワー浴びて・・・
次はビール・・・じゃなくて、事務仕事なのだ・・・トホホ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

暑い夏は

ようやくココログ復活。

まったくもう・・・ホントに、ニフティーには言いたいことが山ほどあるが・・・
まあ、やめておこう。
とにかく、今後のレスポンス向上に期待したい。


さて、本格的に暑くなってきた。
今日はなんと気温35度。
工房内ははたして何度になっていることやら?

それを確認するのが怖いので、工房に温度計は置いていない。

とにかく、できるだけ汗をかかないように注意する。
そのためには、無駄な動きをしないようにすることが肝要。

無駄な動き、無駄な考え、焦ったりすること・・・
これらがあると、たちまち汗が吹き出てきて、無駄にさらに拍車がかかる。

暑い中で、気力も萎えてしまう。

悪循環に陥らないためには、とにかく、悪いきっかけを作らないことに尽きる。

いつも以上に段取りを考え、効率化を追及していく。
そうしないと、この暑い夏を乗り切ることはできない。


とまあ、このように考えてみると、暑い夏は日ごろの作業方法を再確認する絶好の機会なのかもしれない。
と、前向きに考えよう。


でも・・・暑い!
大変な季節になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

ココログ不具合について

この数日、ココログの不調が続いています。

これの対策として、7月11~13日までニフティーが大規模なメンテナンスなどを行うとのことで、この間の投稿ができなくなります。

このため、上記三日間、当ブログを休止いたします。

いつもご覧になられている皆様には大変申し訳ありませんが、ご了承方よろしくお願いします。


それにしても、しっかりしてよ・・ニフティーさん!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

合気道

今日はオフにした。

午前中、こども達を合気道の稽古に連れて行く。
いつもはカミさんの役目なのだが、今日は不在なので私が出動・・というわけだ。


久しぶりに見る合気道。
なかなかすごいもんだ。

合気道とは、言うならば柔道の禁じ手のみを集めて系統化した武術といえる。
手首をねじったりと、危ないことこの上ない。

合気道には試合がない。
それもそのはず・・・もし試合でもしたら一瞬で勝負がつき、負けたほうは骨折していることだろう。

優美な動きの背後に、一手必殺の凄みが潜んでいる。
恐るべし、合気道。

ダイエット、護身術にも最適。
皆様、いかがでしょうか?


午後からは海水浴へ。
まだ人出もあまりなく、海は澄んでいてさわやか。

すっかり日焼けしてしまって、背中が痛い・・・

まあ、そんなこんなで、久しぶりフルの休日。
たまには・・いいよね♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

梅雨だ

最近、ブログのレスポンスが極めて悪い。
記事をアップするのに数分かかったりする。

無料ならば仕方がないとあきらめもするが、一応有料サービスを受けてんだぞ。
ニフティーさん・・ホント、しっかりしてよ。


ともあれ、梅雨である。
朝から大雨。
と思うと、降りやんで、と思うと、また降りだして・・・

まったく!!
降るなら降るで、ずっと降り続くならば割り切って事務仕事をするところだが、降ったりやんだりするとまったく始末が悪い。

どうしよう?
考えた結果、今日は事務仕事に決めた。

これも溜まりに溜まって飽和状態。
どこから手をつけるかな~?

会社なら、誰彼かに頼むという手もあるが、一人ではそうも行かない。
目の前の書類、伝票、FAX、そして・・・PCの保存データ。
さて、どこから手をつけたらよいものやら?

あせってもだめだ。
一つ一つ、集中して処理していく。
それが結局一番の早道だ。

外は雨。
いや、大雨。
梅雨だね~

しかも、台風も近づいている模様。
いやだね~

梅雨、梅雨、梅雨。
早く明けろよ 梅雨♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

材木到着

雨は小康状態。
今日は少し晴れ間ものぞいた。

太陽が出ると、蒸し暑さが倍増する。
げんなり。

と、電話。
運送屋さんから・・・

材木のお届けで~す♪

そうだった。
頼んでいた材木が到着したのだ。

なんだかんだで原木50本ほど・・・
業者さんと手分けして運ぶ。

我が工房は、道路から10メートルほど路地奥に引っ込んでいるので、この間は担いで運ばねばならんのだ。

蒸し暑い中での重労働。
ひぇ~


今回は堅木ばかりだったので、そりゃ重いこと・・

夏場の重労働。
木工は大変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

人工砥石と刃の研ぎと

新しい仕上げ砥石を買った。
この機に天然砥石を・・・とも思ったが、やはり従来通りの人工砥石、キング6000番を購入。
まあ、しばらくはこれでいいか。

研いでみる。
うん?
ちょっと感触が違うような・・・?
滑りが滑らかなように感じる。

切れ味は変わらない。
オークの逆目も起こらない。
まあ、これでいいか。


刃の研ぎについて、最近少しずつやり方を変えている。
最初は砥石いっぱいを使い、研ぎが進むにつれて少しずつストローク幅を小さくしている。

小さなストロークで、少しずつ研ぐ場所を移動し、砥石全体をできるだけ均等に使う。
砥石の形状変化を抑えるのが第一の目的だが、気のせいか、研ぎ上がりの状態もよいように感じる。

まあ、これもいろいろと試してみよう。

まだまだ続く試行錯誤。
研ぎは、まだまだ奥が深い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

センタリングビット

キャビネットの最終組み立て。

キャビネットは、なんだかんだとパーツが多い。
また、引き出しや、扉や、棚や・・動いたり、中に収めたりとこまごました動きをスムーズにするための作りこみが結構大変。

中でも扉の取り付けはなかなかの難問だ。

以前も書いたことがあるが、開き扉はごまかしがきかない。
本体や扉が捩れていたり、取り付け穴の位置がコンマ数ミリでもずれると、スムーズに開閉できないし、見た目もかっこ悪い。


特に、取り付け穴を開けるときは神経を使う・・・
ずれないように、慎重に・・・

と、息をつめてやっていたのは昔の話。
今は、強力な武器があるのだ フフフ♪

センタリングビットというやつ。
これ、丁番の取り付け穴に対して正確に真ん中に穴を開けてくれる優れもの。
以前から欲しいと思っていたのを、先日共同購入で手に入れた。


これで、扉の建付けスピードが確実に倍になった。
しかも、正確である。


さあ、いろいろな造作も終わり。
扉をつけて、スライド棚をつけて、引き出しを差し入れて、移動棚をセットして、扉の取っ手をつけて・・・
完成だ!

家具は箱にはじまり箱に終わる、という言葉がある。
まだまだその境地には達していないが、作っていて面白いのは確かに箱だ!

今日は美味しいお酒が飲めそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

中田引退

やはり、今日のラジオ、テレビは中田引退の話題ばかり。
いろんな人が、いろんなことを言う。

本人ではない人たちが、本人に聞いたわけでもないのにその心情を語ってみせる。
少々鼻白む思いがする。


そのときの思いなんて、本人にしか分からないし、時として、本人にも分からないこともある。

私が会社を辞めた時だって、いろいろな憶測が面白おかしく飛び交ったものだ。

どうして辞めるのか?
との質問攻め。

だけど、その理由を理路整然と説明することはできなかった。

人生の岐路、選択というものは白黒はっきりと割り切れるものではないし、理論武装するように論理で解決できる問題でもない。

かなり混沌としているのだ。


中田引退のニュースを聞きながら、当時のことを思い出したりした。
今となってはそれも懐かしい思い出だ。

さあ、感傷に浸ってばかりもいられない。
仕事しなければね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

ごみ袋値上がり

木を削った後の鉋屑などは一般ごみとして処分してるのだが、ごみ袋が値上がりした。

いままで、45リットル袋一枚 15円だったのが、な、なんと、50円へ。
三倍以上の値上げ。


ひと月、800円くらいだった経費が、2,500円以上になる。
たまらんね、こりゃ。

まあ、とはいえ、増え続けるごみ問題対策の一環であれば仕方がない。
できるだけ鉋屑を少なくする・・・
・・・というわけにも行かないのだが、何か良い方法がないか考えてみよう。

今日も一気に四枚使ってしまった。
鉋屑で膨らんだごみ袋を見ると、これが巨大な50円玉に見えてくる。

う~ん、こりゃ、やはり、何か考えなければ・・・

う~ん

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

かき氷

午前中、晴れ!!
まったく、この時期の天気予報は当てにならん。
天気予想だ!!

天気が良い中、せっせと事務仕事をすることに。
それも大事な仕事。
天気に左右されないのが良いところかな?


太陽が出ると、一気に湿度が上がって蒸し暑い。
なので、今年はじめてかき氷を食べに行く。

小倉北区白銀にある、お多福餅本舗。
ここのかき氷は、そりゃ美味しいよ♪

かき氷なんてどこでも一緒と思っている皆様。
さにあらず。

ここの氷はふわふわで、口の中で絶妙に溶けるのだ。
がりがりした感じがなく、まろやか。

また、蜜がとても美味しい。
イチゴも良いが、やっぱりみぞれが好みだ。
これに、蜂蜜をトッピングする「みぞれはちみつ」がことのほか美味しい!

やっぱり夏はかき氷だね。

また暑くなったら食べに来よう。

北九州在住の皆様、お多福餅本舗お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

時間は有効に

午前中、打ち合わせへ。
遠路おいでいただいたお客様を門司港のギャラリーにお迎えして打ち合わせ。

木のこと、デザインのこと、仕上げのことなど・・・
いろいろなご要望をお聞かせいただけるほど、良い物を作ることができる。
K様、遠いところをありがとうございました。

午後からも、ご来客、お電話でのお問い合わせなど。
いろいろ、さまざま。

ところで、明日から前線が南下して雨になるとのことなので、その前に板剥ぎなどの段取りをしておかねば。
というわけで、せっせとクランプをかける。

だが、夕方になっても良い天気。
晴れてきたぞ~

明日は、どうなることやら?

ともかく、天気に一喜一憂の梅雨場木工。
時間は有効に使わなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »