« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

打ち合わせ

打ち合わせに行く。
ギャラリーでお客様と待ち合わせ。

遠路はるばる、鹿児島よりおいでいただいた。
恐縮するばかり・・・(汗)

ご新居への入居にあわせての家具をご要望。
納品は、まだまだ先になるので、ゆっくりと時間をかけて詰めていくことで合意。

本当に遠いところをありがとうございました。


その後、帰宅して事務仕事など・・・

で、天気もいいので家族で外出。
川棚温泉まで・・

久しぶりの温泉でのんびり。

ああ、それにしても良い天気。
どこか行きたいね~♪

巷は連休なのかな?
いいな~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

納品へ・・

納品で福岡方面へ。
往復140キロなり。

先日、往復700キロを体験しているので、このくらいの距離だとびくともしなくなったゼ!

行く先は二軒。

午前中にキャビネットのお届け。
いろいろな思いがこもったキャビネット、無事お届けできてよかった!


午後は書斎机の納品。

マンションの6階まで運ばなければならないので、天板と脚を分離して運び込む。

エントランスで準備していたら、マンションの管理人さんがあれこれ話しかけてきた。
結構親切そうな感じの人で、手伝ってあげましょう・・・なんて言われた。

うう、この都会にあって、なんて親切な人なんだ。
福岡の人情も、捨てたものではない・・なんて感激していたら、その管理人さん、いつの間にかいなくなった。

???

結局、お客様に手伝ってもらって納品。
お部屋で組み立てて、無事納めることができたのだが、あの管理人さん、一体どういう人なのやら??


とにもかくにも、二件とも無事に納まって良かった良かった。

元祖長浜屋でラーメンを食べて帰る。
往復140キロ・・・楽勝だぜい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

連休が来る

連休突入前に、材木代の振込み。

はぁ~ っと ため息。

木・・・高いね~

本当はできるだけまとめ買いして、大量にストックしておきたいところなのだが、街中工房では保管場所の確保もままならず・・・

置けるのは、せいぜい4立方メートルくらいまで。
まあ、仕方がない。


ともかく、今月の支払いはこれで終わり。
来月も頑張って製作ペースを上げなければ・・・

と思っていたら、なんと、連休ではないか。

日本全国連休ということは、学校も連休ということ。
子供たちの不満顔を前にして、連日仕事というわけにもいかず・・・

また、お休みのご近所に、休みの間中騒音を撒き散らすわけにもいかず・・・

そんなこんなで、どうしましょう?

とりあえず明日は・・・納品に行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

前向きに

アリ桟加工のために、ルーターテーブルを使っていたら、誤ってクランプを落っことしてしまった。

また、これが運の悪いことに、クランプの端っこがルータービットに当たってしまったのだ。
回転している時ではなかったのが不幸中の幸いだが・・・

でも・・・
見ると・・・

ああ~っ (絶叫)

ビットの端っこが欠けている・・・!!

うわぁ~ このビット、まだあまり使っていないのにぃ~
5千円もしたのにぃ~


研磨しても、形が変わってしまうので、ジグなどが使えなくなるしぃ~


はぁ~(溜息)

こりゃ、買い替えしかないな。


ついてないな~!

あっ、いや。怪我しなかったのは、むしろついているからかもね。

前向きに、前向きに・・考えるようにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

ついでに・・・

ついでに、もうひと言・・・

木工で起業・独立するというと、それだけでなにやら犯罪を犯したかのように批判、あるいは非難されることが多い。

私の場合もご多分にもれず、それはそれはいろいろと言われたものだ。

これらの助言(?)は、もちろん、その人を心配しての親心であると解釈したいところだが・・・
さて、どうなんでしょう?


でも、ここで言いたい。

起業・独立することはどんな分野でも大変なことで、木工だけがことさら困難なわけではあるまい。

ある統計によると、起業して成功するのは500人に3人とのこと・・
まあ、信頼できる数字かどうか定かではないが、でも、なんとなく実感としてはそのくらいかな? という気もする。


木工家予備軍の皆様・・・
この数字、どのように思うでしょうか?


一ついえることは、このような数字を見たり、先達からの非難にさらされて決意が鈍ったとするならば、それだけで起業家としての資質を欠いていると思ったほうがいい。


進む道が困難なほど燃え上がる・・・
あまり好きではない気合・根性論になってしまうが、しかし、根底にそのような熱気を帯びてないと、なかなか乗り切れないこともまた事実。

木工だろうと何だろうと・・・・ 起業は大変だよ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

一年で家具を作れるのか? その2

昨日はコタツで眠ってしまい、ブログが書けなかった。

で、改めて・・・


前記事について、むらぼんさんよりコメントをいただいた。

>1年経ってモノになる人はほんの数人

う~ん、確かにそれが現実かもしれない。
厳しいのだ。


家具作りをマスターするには、一年はあまりにも短い。

では、どうすればよいか?


考えてみよう・・そう、一日は24時間あるのだ。
そのうち、学校の授業時間はせいぜい6時間ほどしかない。

で、私の場合は終業後に居残りをしていた。

田川訓練校の場合、定時は午後四時だが、毎日3~4時間程度居残りは通常。

となると、単純な延べ時間で1年半以上の経験をしたことになる。
これでも全然足りないかもしれないが、限られた時間をいっぱいに使う努力はすべきだと思う。


ただ、居残りは先生の好意によって許可されていたもので、これが全ての訓練校に当てはまるものではないかもしれないが・・・・

しかし、各自の置かれた環境下で、この一年を最大限に有効に使う知恵を必死になって考えていると、必ずどこかに突破口が見えてくるのではないだろうか?


繰り返して言う。

一年は短いよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

一年で家具を作れるのか?

季節がら・・・
今年訓練校に入校された方からメールをいただいた。

「一年で、家具が作れるようになるでしょうか?」との質問。

いろいろなお問い合わせをいただくが、ダントツで多い質問であろう。

で、これに対するお答えもあちこちでしているので繰り返しになるのだが・・

一年で家具が作れるようになるか? と、不安になるよりは・・
一年で家具が作れるようになるためには?
という命題を己に課し、それを達成するための方法論と工程表を立案する。

そして、その計画に従って黙々と努力を重ねるようにするのが前向きで、生産的なのではないかと思う。

では、どうすればその方法論が見つかるのか?

これに対する唯一の解答は、おそらく・・・ない!
解答は、各自を取り巻く環境(学校の指導方針、授業内容などなど)や、どのような家具を作りたいのか、という向かうべき目標によって様々に変化するだろう。

また、入校したてで右も左も分からない段階で解答を探すのも困難な話だ。
自分のことを考えても、この時期は暗中模索、暗いトンネルの中にいるような気分だったなぁ。


なので、今できることは・・・
授業を熱心に聴き、与えられた課題を一生懸命に練習することだろう。

そして、先生や同級生と良いコミュニケーションを保ち、忌憚のない意見交換をどんどんしていくべきだ。

それを繰り返しているうちに、必ず自分にあったベストな方法論が見つかるはずだ。

一年はあまりにも短い短距離走のようなものだ。
スタートダッシュから一気に突っ走ろう。

苦しくとも、楽しい一年になること、間違いない。
きっと、一生思い出に残るぞ!

あぁ・・・できることなら私も、もう一度訓練校に入りたい~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

週末くらい

雨・・気温も低い。

雨が降ると、木の香りがいっそう漂う。

今、オークで作品を制作中。
オークの香りは強く、雨のときは香水をふったように良い香りが漂う。

う~ん、これって森林浴?

淡々と木取りまでして、シーズニングのため養生する。

ここまで段取りをつけてお出かけ。


ステンドグラス工房の作品展示会へ。

ここ数年、ご依頼に応じて専用のフレーム、イーゼルなどをお作りしている。
ステンドグラスが入ると、やはり決まる!

いいね~♪


お茶をいただいて帰宅。

今日はそんな感じで早めのあがり。

さあ、今から得意のビーフシチューを作ろうっと。
ワインと一緒に食べると、美味しいぞ~♪

週末くらい、ちょっとゆっくり過ごしたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

頑張ってください

本日は、木工家予備軍の方が三名いらっしゃった。

まずは午後・・
今年、訓練校を卒業された方。

開業前の参考にと、弊工房の見学に来られた由。

頑張ってください。


夕方から二名。

今年訓練校に入学された方。
私と同じ、田川訓練校。
つまりは後輩になる。

まだまだ授業は始まったばかり。
鉋の刃をひたすら研いでいる段階だ。

一年は長いようで短い。

頑張ってください。


そんなわけで、この時期はいろいろと来客も多い。

この道を目指す方々にとって、私がその参考になるのであれば、どうぞいらしてください。

秘密がどうとか、授業料とか・・・そんなけちなことは言いませんのでご安心くださいませ。

参考にし、あるいは反面教師として、また新たな木工の可能性を広げていってください。

頑張ってください♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

気力・体力

首の痛みの件で、いろいろとお見舞いのメールなどをいただいた。
おかげさまで、8割がた回復しました。
ありがとうございました。


さて、今日は寒い。
おまけに、強風・突風

コタツをしまうタイミングを逸してしまったぜ!


まあ、気温が低いと、板剥ぎをするには都合が良い。

ここのところ、昼間の気温が25度近くになっていたのだが、暖かくなると接着剤の乾燥が速くなるので、板剥ぎが忙しいことこの上ない。

今日の15度くらいならば、比較的落ち着いて行える。


板剥ぎ・・
板を接着して天板などの広い板を作っていく工程だが、慎重さが必要な作業のベスト3に入るだろう。

なもので、気力、体力が充実している朝一番に行うことが多い。

首も治ってきたし、気力も元に戻ってきたよん♪

で、板剥ぎ、無事完了!


さあ、遅れてしまっている工程を取り返すために、どんどん行きましょう。

でも、健康第一は忘れずに・・ね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

新陳代謝

今日は、学習机天板の鉋がけ。

首が痛いので、どうなるかと思ったが、幸い鉋をかけるときに使う筋肉ではないらしく、無事終了。
よかったよかった。

また、痛みも時間とともに徐々に減ってきており、逆比例して気分も向上♪

天気も良いし、さわやかな一日となった。
めでたい。


さて、4月も終わりに近づいて、訓練校でも新しく授業が始まったようだ。

今年入学した人、また、卒業した人などから、ちらほらとメールをいただいたりする。

この時期に独立した人もいるだろうし、日本全国、また手作り家具業界の新陳代謝が起こり始める時期なのだろうね。

この動きは、おそらく全国のいろいろな工房へ、いろいろな形で波及しているのだろう。
それらに関する記述をちらほらと見かけたりする。

インターネットのおかげで、居ながらにして業界の動向を感じることができるのはありがたい。

さあ、今年はどのように動いていくのか?

その中で、自身はどこに軸足を置くのか?

変わるべきなのか、変わらないべきなのか?

常に頭を悩ませ続ける問題なのだ。

今年も刺激的な木工家がでてくるのか?
期待大、興味津々なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

30度

30度くらいまで回るようになった。

とりあえず、快方へ向かっているようで、とりあえずよかったのかも?

体調が万全でないと、効率が落ちること甚だしい。
気力でカバーするも限界があり、そのうちやる気もうせてくる。

こうなると危険信号。


プロなんだから、気分で仕事のペースが変わるなんてあってはならないこと・・
なのだが・・・

なかなかね~・・
そうも行きません(未熟者でござんす)

ただでさえ押し気味のスケジュール。
焦りばかりが先にたつが・・・

ともかく、できることを一つ一つこなしていくしかありませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

20度

首の話・・・

少しましになった。

昨日は左右に10度くらいしか回らなかったのが、今日は20度くらいは回るようになった。
これで、交差点での左右確認ができる。


というわけで、ステンドグラス工房へ納品に行く。

今週末の展示会に備えて準備中・・・何とか間に合った。


帰る。

工房前の路地に車をバックで入れなければならないが、これが一大事。

なんせ、首が20度しか回らないので、うしろを向くことができない。
で、まずは体をねじって、さらに首を回す。

難儀な話だ。


午後からは引き出し作り。
幸いに、鉋がけに支障はない。

せっせと作っていると、気のせいか、少し首の痛みが取れてきた。
25度くらいまで回るようになったかな??

まあ、とにかく快方へは向かっている様なので、もう少し様子を見ることにしよう。


難儀な話だ・・トホホ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

四十肩??

久しぶりの晴れ。
気持ちも華やか・・・ なはずが・・・

今度は、首が回らなくなった。
と言っても、借金のことではない(まあ、それもあるにはあるが)

首筋から肩にかけて痛みが・・

前回は背筋で、今度は首筋。
もう、ホントに焼きが回ったようだ。


これ、いわゆる四十肩と言うやつなのかな?


最近、重いものが続いたりしたので、疲労が蓄積されたのかもしれない。


また、いきなりヨガの鍬のポーズなんてやったんで、それも悪かったのかな?


過ぎたるは及ばざるが如し・・

ともかく、シップを張って様子を見ている。
でも、このまま治らない場合は、やはり整形外科のお世話になるしかないかな?


焼きが回ったな~(哀)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

着色

雨続きで気が滅入る。

とは言え、仕事仕事。

昨日から取り掛かっている、ステンドグラス用の小物類を仕上げにかかる。

通常の家具であれば、ほとんどの場合はクリアなオイル仕上げとなるのだが、これら小物はご要望により着色を施している。

着色・・・と、ひと言で言っても、その方法は百通り以上もあり、どれを選択するのか結構悩ましい。

いろいろ試した結果、薄めの色合いならば着色オイル、濃い目の仕上げにしたいときは水性ステインの下地にウレタン、もしくは着色オイルを仕上げに施すのが標準になってきた。


まあ、このあたりノウハウも様々で、こだわり始めるとだんだん迷宮に入っていきそうになる。

楽器を製作している友人がいるが、チェロの着色工程など、そりゃ大変なものだ。
あれだけの手間をかけてゆっくりと仕上げていくからこそ、あの深く重厚な風合いになるのだろう。

すごいもんだ。

そんなことを考えながら刷毛で塗る。
オークが見る見る濃くなっていく。

ムラにならないように、慎重な刷毛捌きが必要。

雨音を聞きながらの仕上げ。
だんだん無心になっていく。


明日は晴れ・・・かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

自由な発想で

昨晩は、納品の疲れで熟睡。
おかげですっきりした。

ラジオ体操と、ストレッチを念入りにして作業にかかる。
健康第一♪


ステンドグラス工房よりご依頼をいただいた、イーゼル、フレーム、その他諸々を作成。
ステンドグラスのサイズに合わせての製作。


手作り品には、既製品があわないことがしばしば・・・
以前は、既製の枠にあわせてステンドグラスを製作することを余儀なくされていたとのこと。

これだと、やはり自由な製作はできない。


家具のみでなく、他の手作り作家さんのお役に立てるのも、木工仕事の良いところだ。

自由な発想で、素晴らしい作品を作ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

納品へ・・

納品へ行く。

行く先は瀬戸内、しまなみ街道の途中。
尾道から因島へ渡っていく、とても風光明媚なところ。

片道350キロ、往復で700キロとなる。

さすがに一人ではハードなので、会社時代の友人に同行してもらった。
Mさん、有給までとってもらって、感謝感謝 謝謝!

高速をひたすら東へ!

雨模様・・ちょっと気が滅入る。


それでも、山陽道から瀬戸内海が見え始めると、気分は旅モード。
しまなみ街道に入ってからは、風景を楽しみながら走る。

穏やかな水面と、点在する島々、山の斜面まで家が立ち並ぶ瀬戸内ならではの美しい風景。


ドライブインで昼食。
蛸が名物らしい。

蛸づくしで美味しかったよん♪


さあ、納品。

2.4メートルの大きなテーブル。
幸いなことに、納品の時には雨はやんでいた。

ダイニングまで、えっちらおっちら運んで、無事設置。

少し高台にあるお宅で、ダイニングの大きな窓からは、瀬戸内の島々が見える。
この窓から夕日を眺めながら、大きなテーブルでお酒を飲みたい・・・とのご要望でいただいた注文。

チェリーの大きなテーブル。
とても気に入っていただき、350キロの疲れと緊張感も吹き飛んだ。


さあ、帰りの350キロだ。
今度はひたすら西へ!

途中、宮島サービスエリアで休憩。
望遠鏡で、厳島神社の鳥居を眺めて感心したり・・・

厳島手前の水道には、牡蠣だながいっぱい。
そう、広島は牡蠣が名産なのだ。

と、みると・・・
焼き牡蠣を売っている。
これも、美味しかったよん。

さあ、残り180キロ。

なんだかんだと雑談をしながら走る。

夜7時過ぎに山口、小月へ到着。
今日の夕食は、貝汁で有名なドライブイン「みちしお」

貝汁をはじめ、刺身、かに玉、ごぼう天、魚のフライ、などなどをずらりと並べての豪華な夕食。
まさに、B級グルメの真骨頂だ。
でも、ビールが飲めないのがつらい・・・

最後は温泉へ。

ああ、気持ちよかった。

気分は、ほとんど観光モード。


九時過ぎに無事到着。

出かける前は、この長距離・・ 果たしてどうなることやら? と思っていたのだが、とても楽しい旅・・・いえいえ、仕事となりました。

元はと言えば、テーブルのサイズが大きすぎて、どこの運送業者からも扱いを断られたことにはじまった今回の納品旅行。

途中、いろいろと不安材料もあったのだが、無事お届けできて本当に良かった。
やはり、直接お客様にお会いできるのはとても楽しい。

大変だけれど、充実した一日であったのだ。

さあ、いまからビール飲もうっと♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

健康第一

突然、背筋が痛くなった。

背筋といっても、わき腹のうしろの筋肉で、正確には何というか知らないが・・・
痛い。


午前中、写真撮影などであれこれ無理な態勢をしたからかな?
午後、突然痛くなった。

焼きが回ってきたかな??


一時は、本当にしゃれにならないくらいの痛みで、医者に行こうかと思った。

しばらく休んで、深呼吸して、痛い部分をゆっくりと伸ばすように、ほぐすように動かしていると徐々に治まってきた。

とりあえず、一安心。


体が資本のこの商売。
健康管理の大事さを痛感したしだい。


明日は納品で、700キロの距離を走らねばならぬ。
ちょっと不安が頭をよぎるが、今日はお風呂でゆっくりと筋肉をほぐしておくことにしよう。


健康第一。
安全第一だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

訓練校(木工)リンク集

工房通信 悠悠の管理者である artisan殿よりトラックバックをいただいた。


訓練校に特化したリンク集を作り、この道を目指す方たちへ寄与したいとの趣旨。
とても画期的なことだ。

私が訓練校に通っていたのは、今から5年前のことになるが、当時、訓練校関連の情報は皆無と言ってよく、どのようなカリキュラムで、卒業後の進路はどのようになっているのかなど・・・学校選択の上で必須とも言える事々は、全て厚いベールで覆われていた。

もちろん、調べていけば最低限必要な情報は収集することができるのだが、いずれも通り一遍等のものばかりで、訓練生の忌憚のない意見など、本当に知りたい生の情報を得ることなどできなかった。


このブログを読んでいる方の中には、今年訓練校へ通う方もいらっしゃるだろうし、予備軍としていろいろと人生の選択を思案中の方もおられることでしょう。

私としても、半ば自分に課した義務のような感じで自分なりの感想をブログなどでも発信してきたが、このようなリンク集によって、さまざまな先達・現役の意見に接することができるようになるのは、とても画期的なことだと思う。

5年前にこのリンクがあったら・・・ 自分も・・・!
なんて思ったりして。


とにもかくにも、興味のある方、是非アクセスしてみてください。
また新たな発見があることでしょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

肩の痛み

肩こりが治らない。

肩こり・・・というより、肩の痛みだ。

また、肩・・・というより、うしろの首筋から背骨のまわり一帯の痛み。
慢性化している。


以前から、湿布だの、お灸だの、ラジオ体操だの、ストレッチだのためしてみたが、効果はあまりない。

なんてことを友人に言ったら・・・

「そりゃ、ヨガがいいよ♪」 とのこと。


ヨガ・・・!

ムムム??


ちなみに、その友人、整体師の免許皆伝者で、つまりはプロ。
プロの言うことならば、これはいいのかも?


とにかく何でも試してみようということで、今日からは鍬のポーズをとることにしたのだ。
この歳になって、自分が鍬になるたぁ~思わなかったぜ。


肩の痛み・・・
これも、いろいろ悩ましいことのひとつなのだ。


ちなみに、以前あれほど悩み続けた腰の痛みは、ホントにうそのように治ってしまった。
この調子で肩も・・・何とかならんものかいな~?


悩みは尽きぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

悩ましい写真

いろいろと悩ましいことが多い今日この頃・・・

いや、悩ましいのはずっと昔から。
一つ解決すると、また一つと・・・悩ましいことが出てくる。

トラブルならばもちろん解決が最優先なので、なんとしてでも善後策を考えるのだが、それほど緊急性のないテーマで、まあ、この方法でも何とかなるかな~ というようなものは、日ごろの忙しさにかまけて放っておくことが多い。


でも、それらが積もり積もってくると、それはそれなりにボディーブローのように効いてくる。


写真もその悩ましさの一つ。

無垢の質感を写真に撮るのは、実は相当に難しいのだ。
撮影のたび、いつも悶々とする。

これじゃ、質感の半分の魅力も伝え切れてない・・・


これ、開業時よりずっと頭を悩ませ続けている問題なのだが、忙しさにかまけてなんとなく惰性で撮影してきた。


でも、これじゃいかん・・
と、最近思い始めて、写真の質向上プロジェクトを立ち上げてしまったのだ ジャン♪

プロジェクト・・・といっても、一人しかいない虚弱体質丸出しのアッチョンブリケなのだが、まあ、とにかく、少しでも木の魅力が伝わるように、いろいろと研究してみよう。

なんて、開業五年目を迎えて誓ったりするのだった。


で、どなたか、写真の得意な方がいらっしゃったら、こっそりとこつを教えていただけないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

やせるやせる

二日続きで飲み会だった。

確実にカロリーオーバーだ。
ダイエットと言っても、所詮はへなちょこな覚悟しかない。
目の前にビールがあったら・・・そりゃ飲むでしょう。

おまけに、最後にラーメンまで食べてしまったし。
しかも、当然、とんこつだし。

ああ~ もう どうしよう!!


そんなことを考えながら作業していると、ラジオでダイエットについて専門家が話していた。

なんでも、やせるやせると思いながら、筋肉を意識的に動かしていると効果大なのだそうだ。

日常の動作でも、この意識を常にしておくことで、ダイエットにつながるとのこと・・・


ホンマかいな??


まあ、とりあえず、何でも試してみよう・・・
というわけで、本日はやせるやせると思いながら作業をしてみたのだった。

気のせいかもしれないが、いつもよりおなかがすいてきたみたい。
これで、ご飯をたくさん食べたら、元も子もない・・・だろうね。


ダイエットの道・・・木工よりも困難な道のりかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

送別会

この時期、異動がらみで飲み会が続く。

私の場合、転勤とは無縁の生活なのだが、会社勤めの同僚たちは、だんだんあちこちに分散してしまいさびしい限り。


昨日も送別会だった。

単身赴任で千葉へ・・・

大変だと思うが、40歳超えての一人暮らし・・
ちょっとうらやましかったりして。


ともあれ、こちらは腰をすえて仕事せねば。
まだトラブルも解決してないし。


でも、今日も飲み会だったりして・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

ばたばた

ちょっとトラブルがあり、ばたばた・・

くそ~  どうしよう。

と、ばたばた・・・


こんなときに限って、間違い電話。
しかも、一日四回も。

以前もこんなことがあったな~


たぶん、どこかの名簿にここの番号が誤植でもされているのだろう。
間違い電話の相手先は、皆違う人。


まったくもう。


トラブル回復のために、いろいろなところからの電話も待っているので、こんなときの間違い電話は相当に気持ちが滅入る。


まあ、何はともあれ、いやはや、なんとも。

とにかく、良い解決策を見つけねば。
ばたばた・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

合馬茶屋

段取り大事・・・
というわけで、今日は段取りをきちんと整えて天板の板剥ぎ。

ただ、気まぐれな天然木のこと、なかなか段取りどおりには行ってくれないんだな・・これが!


まあ、それでも無事完了。
これで、二日ほどクランプで締め、さらに三日ほど放置し、そこから鉋仕上げにかかる。


今日は雨!
ちょっと気が滅入る。


ここのところ休んでなかったので、午後からオフにして合馬へ。

ここ、この時期だけの料理屋が出現する。
合馬茶屋

旬の筍づくしなのだ。

味付けは京風?
薄味が基本で、これがこたえられない。

土日は数時間待ちともなるが、平日の雨では人もまばら。
ゆっくりと堪能して満足。

毎年この時期 3月~4月しかやってない幻の店。
今年も堪能した。

あと一回くらい行きたいな。
もちろん、ゆっくりと平日にね。

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

不器用のススメ3

器用・不器用と直接関係ないかもしれないが・・
木工は、事前の段取りで工数、仕上がりが大きく左右される。

不器用な人でも、段取りを工夫することで、素早く、良い品質を作り出すことも不可能ではないのだ。

段取りには、これが絶対正しいというような基準はない。
各自が、それぞれのおかれた環境下でベストな状態に近づけていくこと・・その努力をすることが大事なのだと思う。


段取り上手になるためのコツとは何か??

それは、作業に制限時間を設定することだ。

制限時間を設けることで、自ずから作業の段取りを工夫するようになる。
小さいことの積み重ねが、大きな効果を生む。

例えば、縦に置いていた物を、横にするだけで劇的に作業がやりやすくなり、時間が短縮されるなんてことがある。


この、時間感覚は訓練校のときから養っておいたほうが良いと思う。


手間暇かけて良い物を作りたい・・・
と言う、よく見る文言があるが・・・

それは、必要な手間を十分にかけることであって、不要な、あるいは、無駄なことをやることでは決してない。


だいぶ話が脱線してしまったが・・・

不器用な人でも、大丈夫大丈夫。
段取り上手で、生き生き職場!!

頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

長大テーブル

チェリーのテーブル、最終仕上げ。

長さ2.4メートル、奥行き1メートルの長大テーブル。
天板を持つのも必死の決意がいる。

狭い工房で難儀しながらも、ようやく最終段階までこぎつけた。
ちょっと、感慨深いものがある。


お昼から、お客様を二組お迎え。

いずれもダイニングテーブルなどをご要望。
今回の長大テーブルの見学もかねての打ち合わせ。


大きなテーブルをご要望なのだが、この2.4メートルのテーブルがあまりにも大きいので、なんとなく感覚が鈍ってしまいそうだ。


大きなテーブル。
十分な設置スペースがあれば、リビングの主役として、圧倒的な存在感を誇るだろう。

ちなみに、拙宅のテーブルは1.4メートルの量産家具。
トホホ・・・


さあ、明日からはテーブルのオイル仕上げ。
楽しみ。

でも、このテーブル・・・
どうやって撮影したらよいものか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

家族総出の

朝からお客様をお迎えする。

製作を体験したいとのご要望にお応えして、組み立てからオイル仕上げまでの作業を一緒に行った。

家具がどのような工程で、どのように出来上がっていくのか?
一般の方はほとんどご存じないだろう。

実際の工程を自ら体験することによって、よりいっそう愛着のある家具になってくれるのであれば、作り手としてもうれしい限り。

ご夫婦で見えられた。

鉋がけ、ペーパーでの研磨、組み立て、塗装と・・家具作りの最終工程。

二次元の部品が、三次元に組みあがっていくのはやはり木工の醍醐味だ。

私も、普段は孤独に作業をしているが、今日はわいわいと楽しかった。

最後の塗装のときは、お子様も参加・・・
ご家族総出の家具作り。

きっと、良い思いでとなってくれることだろう。

いい一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »