« 不器用のススメ | トップページ | 家族総出の »

2006年3月31日 (金)

不器用のススメ2

不器用な人が家具を作るためには、どうすればよいのか?

まず第一に、粘り強いこと。

家具作りというもの、道具の習熟が不可欠だが、不器用な人はこれがなかなかうまくならない。
あっちでつまづき、こっちでつまづき・・

そのうち、いやになってくる。

投げ出してしまいそうになる。

もしくは、これくらいでいいんじゃない? と、妥協してしまいそうになる。

そこをぐっと我慢する。
または、気分転換に体操をしたり、将棋をしたり(?)して、またチャレンジする。

すると、あるとき突然できるようになる。


訓練時間と、習熟度は綺麗な比例関係にはない。

上達しない時間が延々と続く。
それでも粘り強く繰り返していると、あるとき、おっ・・できるじゃん! と言う感じで、突然できるようになる。
不思議なものだ。

この感じ・・・楽器の練習をしたことのある方なら分かるのではないかと思う。

ギターの場合、どうしても音が出なかったFコードが、あるとき突然弾けるようになる。
ドラムの場合、やはりあるとき突然ダブルストロークができるようになる。

器用な人は、この上達しない時間が短くてすむようだ。
反して、不器用な人は、その倍、三倍とかかるので、いやになるのだね。

ホント、器用な同級生がうらやましかったこと・・・

つづく

|

« 不器用のススメ | トップページ | 家族総出の »

木工家志望の方へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不器用のススメ2:

« 不器用のススメ | トップページ | 家族総出の »