« 事務事務事務  | トップページ | 贖罪として »

2006年2月19日 (日)

淡々と

本日は、淡々と下拵え。

今後のひと月間で製作する予定のあるものを木取りする。

大量の鉋屑にまみれることとなる。

この鉋屑の処理が悩ましいところ。
容量45リットルのゴミ袋が、月に20袋くらいでる。

一般ごみとして処理しているが、処理代も馬鹿にならない。

しかも、7月からゴミ袋が大幅値上げとなる。
頭痛いことで・・・


ストックスペースは材木の山となる。
そして、これが無言のプレッシャーとなり、仕事せねばならぬ・・という動機付けにもなったりする。

元来自堕落な性格。
放っておくとどんどん安易な方向に流れて行きそうになるのだ。

自己管理。
それも、なかなか大変なのだ。

|

« 事務事務事務  | トップページ | 贖罪として »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
かなり以前からこっそりとブログ拝見させて頂いておりました。

私は漆と木工(木工轆轤)で食べていきたい...と思っているのですが、同じ福岡で木工で開業し食べていかれている栗原さんのブログは、その大変さや楽しみ、また事務仕事の大変さ....など実際が垣間見えるので楽しみに期待して拝見させてもらっています。

今日の記事を読んで「そういえばラジオで、北九州のゴミの有料化がよくCMであってるね.....」などと思い出したので、突然ですがコメントしてみました。
町中の工房としては、人里離れた工房には無い問題がいろいろとあるのでしょうね......。

先日、那珂川にある某木工場を見学させてもらったのですが、そこでは鉋屑を農家の方に土づくりの材料として無料(有料としてもどちらがどちらに支払うのか分かりませんが....笑)で引き取ってもらっていました。
私もはじめは追肥にしたり、樹皮はバークチップとして使ったり、染め物の材料にしたりとしていましたが、最近はゴミ袋に「これでもかっ」とつめるか職場で燃やしています。

自己管理がなかなか出来ない私ですが、そんなとき栗原さんのブログで「頑張らねば!」という気持ちにさせてもらっています。
これからも拝見させて頂きますね。
頑張ってください。
では。

投稿: ふらばふ | 2006年2月20日 (月) 02:30

はじめまして、コメントありがとうございます。

鉋屑問題・・・木工をする人に共通の悩みかもしれませんね。
私の知り合いは、牧場に引き取ってもらっていましたが、街中に牧場なんてあるわけもなく・・

こっそり燃やそうにも、これ、なかなか燃えないんですよね(困)

ごみ袋の値上げ・・価格転嫁せざるを得ないのか?
いやいや、企業努力で吸収せねばならないでしょうね。

こんなことも、木工を生業とするダイナミズムと言えるのかも。


ふらぱふさんも、いずれ起業をお考えなのでしょうか?

ブログも拝見させていただきました。
よろしければリンクさせていただけないでしょうか。

これからも、どうぞよろしくお願いします。
北九州にお越しの際は、是非遊びにおいでくださいね。

投稿: 栗原@simple | 2006年2月20日 (月) 22:13

こんにちは。
リンクのお話、有り難うございます。
是非、こちらからもリンクさせてください。

『木工の仕事なんて、鉋屑と端材を大量生産しているようなものだ。』
修業時代、50年以上木工轆轤を生業としてきた私の先生も同じように言われていました。
「わしらの仕事はゴミを作ることだ」と。

ゴミを作り出してつくった「モノ」。
その「モノ」がゴミにならないように、人に大切にされて捨てられない「モノ」を作っていきたいと思っています。

いずれ起業をと考えています。
実際に始めなければ分からないこと、気づかないことばかりだとおもいますが、実際にモノづくりを業にされている方の生の声が聞けるのは、とても有り難いです。
これからも拝見させて頂きます。
どうぞこちらこそ、宜しくお願い致します。

投稿: ふらばふ | 2006年2月21日 (火) 21:53

こんにちは、ご快諾いただきありがとうございます。

早速リンクを張らせていただきました。

木工とごみ問題・・・
木工に限らず、物づくりというものは、大なり小なり罪深いことをしているようにも思います。

きれいごとかもしれませんが、頭のどこかに罪の意識をおいておかなければ、作り出すものの輝きも失せてしまうのではないか・・なんて思ったりします。

起業について・・・
私が木工をはじめたのは39歳のときでした。

夢はかなえるためにある!

頑張ってください。

投稿: 栗原@simple | 2006年2月22日 (水) 08:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54115/8738411

この記事へのトラックバック一覧です: 淡々と:

« 事務事務事務  | トップページ | 贖罪として »