« 組み立てる ドキュメント風に | トップページ | テレビ取材 »

2006年1月 9日 (月)

小物には小物の

頴田町、「工房杜の舟」さん主催の「春の夢開き展」へ行く。
ここのところ、なんだかんだ、なんだかんだ、かんだなんだ・・・?を理由に、展示会などへちっとも出かけてなかった。

これはいかん。
やはり、時々はいろいろなものを見て、刺激を受けなければ・・
というわけで、家族連れでいそいそと出かける。

杜の舟さんは、木工小物、寄木細工などが主な作品。
今年の干支にあわせて、かわいらしい犬がずらりと並んでいた。

毎度のことながら、そのアイデアの豊富さに驚くばかり。


家具は実用品だが、小物は完全な嗜好品。
つまるところ、アイデア勝負である。

あたしにゃ、こんなアイデア到底ひねりだことなどできまへん!
なもので、小物はあまり作っていない。

人から・・家具の端材が大量にあるのなら、小物を作ったらいいのに・・・
と、よく言われるのだが・・

いえいえ、世の中そんな甘いもんじゃありません。

小物とはいえ、たとえ500円程度の箸置きといえども、きちんとデザインし、誠意をこめて作らないとお客様の心を捕らえることなどできないのだ。

端材でちょこちょこっと・・・なんて、そんな程度の心構えでは全くあきまへんで。

そんな簡単なものではないのである。

家具には家具の、小物には小物の難しさがある。
木工と一言で言っても、その中身は多種多様。
だから木工は面白い。

うう、なんだかよくわからないまとめになってしまった。

|

« 組み立てる ドキュメント風に | トップページ | テレビ取材 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54115/8081125

この記事へのトラックバック一覧です: 小物には小物の:

« 組み立てる ドキュメント風に | トップページ | テレビ取材 »