« 修行と独立と3 | トップページ | 余話として »

2005年11月12日 (土)

修行と独立と4

とかくこの世界、新しく入って来るものに対する風当たりは少々強い。

前も書いたが、面前で罵倒に近いことを言われたこともあるし、そこまで露骨でなくても、お手並み拝見といったようなシニカルな見方をされることはままある。

まあしかし、それもこれもまとめて引き受けていくしかない。
そのようなこと、商売を軌道に乗せるという大命題の前には些細なことに過ぎない。

大事なのは、同業者からの評価ではない。
自分の技術的欲求で自己満足することでもない。

全てはお客様に喜んでいただくこと。
そのために、一年目の家具とはどうあるべきか?
それを考えていた。

そのようなとき、木工の先達でいろいろとアドバイスをしてくださる方がいた。

良いものとはどのようなものか?
ギャラリーとのつきあい方は?
収益の考え方は?

など、実践的なご指導をいただいた。

この中から、自分の方向性が決まったように思う。

訓練校を出て直ぐ開業することの弱みも、強みも自分なりに分析できた。
弱みばかりのようにも思えるが、いやいや、大きな強みがあるではないか。
それに気がついた。

それは・・・


内緒!!


木工家予備軍の皆様へ・・・
いじわるではないよ。
これは、各自が見つけていかなければならない命題であります。

もし卒業して直ぐ独立を考えられている方がいらっしゃったら、
修行に行かないことの強み!
それを発見して、それを基軸とした事業を展開すれば必ず将来は開けると思います。

いろいろな批判など気にしない気にしない。
それよりは、どうすればお客様に喜んでいただけるか、それを考えましょう。

私はここに軸足を置いて、今は四年目の家具を作っております。

これら、そのうちまとめ直してメインサイトの「木工Q&A」にアップしようと思っているので、気長にお待ちくださいませ。

おわり

|

« 修行と独立と3 | トップページ | 余話として »

木工家志望の方へ」カテゴリの記事

コメント

ハジメまして。家具屋さん日記を書いてます、
ウメです。
このたびの一連の記事にいたく共感いたしました。読みながら「イイ」こというねぇ~っておもいましたね。
ウチにもこういう問い合わせが結構くるもんで。
これからも木工業界の発展のタメにぜひとも頑張ってください。僕もがんばります。
ではまたきます。

投稿: ウメ | 2005年11月12日 (土) 20:05

私も一票。

やっぱり「全てはお客さまに喜んでいただくために」ですよね。

お互い、その方向でがんばっていきましょう。

そのうち、直接お目にかかりたいですね。

投稿: GAKU | 2005年11月13日 (日) 05:20

いやー、今回の一連の連載?は読み応えがありました。

最近の栗原さんの記事で一番勉強になったのは、10月16日の「街中工房のジレンマ」でした。
家具作りで家族を養うとなると、立地条件から良く考える必要があるのだなあと感心しました。

先日名古屋の宮本家具工房さんを訪問しました。
名古屋市内であり、周りは新興住宅街でありながら、工房の周辺にはあまり気兼ねしなくても良いという絶妙な立地でした。
工房が街中(あるいは街の近郊)にあると、「木工教室」という形で収入の補完をすることも容易になりますね。

私自身は木工で食っていくつもりはありませんが、工房は欲しいです。
「週末に田舎暮らしをしつつ木工」
「退職後はそのまま田舎に移住もしくは2重生活」
と考えておりました。
同じようなことを考えている方は少なくないと思います。
しかし退職まで10年以上ある今の時点では、もっと近くに工房を持ったほうが時間のロスが少なくて良いのかも、と思い直しています。

まとめ直し、楽しみにしてます(^^)。

投稿: 縄文人 | 2005年11月13日 (日) 20:09

ウメさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
私も、淡路さんのブログ経由で時々「家具屋さん日記」を拝見させていただいております。

私も以前はメーカー勤務していたことがあり、ウメさんの発言には頷くところ大です。

蟷螂の斧かも、もしくはドンキホーテかもしれませんが、お互いにこの業界がもっと面白くなるよう、どんどん発言などしていきましょう。

今日付けでリンクさせていただきました。
今後とも、よろしくお願いします。

GAKUさん
展示会、お疲れさまです。

やっぱり、直接お客様と話すことが一番の収穫ですよね。
展示会後のパーティー・・これはすごいと思いました。

ホントに、是非一度お会いしてゆっくりとお話などしたいですね〜

縄文人さん
こんにちは、コメントありがとうございます。

街中工房・・
いいところも悪いところもあり、毎日ジレンマを感じる日々です。

本当は田舎に引っ込んでマイペースでやりたいのですが、まだまだ先の話かな?

宮本工房さんに行かれたのですね。
宮本さんのHPは、独立前から拝見しており、自分の技術を考える上で相当に参考になりました。

工房も、それを実現する過程でいろいろと思いを巡らせているときが一番楽しいのかもしれませんね。

悩みも含めて木工の楽しみ。
木工って、本当に奥が深いように思います。

工房設計にあたって、私でお役に立てることがあれば、いつでもご相談くださいね。

投稿: 栗原@simple | 2005年11月13日 (日) 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 修行と独立と4:

« 修行と独立と3 | トップページ | 余話として »