« おきゅ膏 | トップページ | おきゅ膏 その2 »

2005年10月26日 (水)

咳が出るのだ

ここのところ、急激に冷え込んだせいか、咳が出る。
咳が出るだけで、風邪の他の症状はない。

喉も痛くないし、熱も出ない。
だるくもない。

ただ、咳が出るのだ。

これ、持病のようなもので、毎年この時期になると必ずこの症状が出る。

うう~む。

咳止めを飲めばよいのだけど、機械を使う作業のときは少々ためらわれる。

うう~む。

ほこりに反応しているわけではなさそう・・・
その証拠に、粉塵が舞う工房で咳き込むことはない。

昼間は治まっているのだ。
深夜、明け方などがひどい。

酒を飲むと余計ひどくなる・・って あたりまえね。
でも、飲んじゃう。

病院に行ったら~?
と、カミさんが言う。

もっと症状がひどくなるか、熱でもあれば行くが・・・
微妙なところで、病院にいくほどでもない。

病院にいくのが面倒なのだ。
いや、正確に言うと、病院の待合室でぼ~っと待つのがいやなのだ。

それよりは、肩こりのマッサージに行きたいし、歯医者にも行かねばならないのだけど・・・
どうも奥歯が怪しいのだ。
親知らずもちょっと出てきているし・・・


気づいてみると、体のあちこちがよろしくない。
機械と一緒で、メンテナンスが必要かもね。

ああ、最近のこのブログ・・・
木工ブログと言うよりは、健康問題ブログになってるな~

|

« おきゅ膏 | トップページ | おきゅ膏 その2 »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見させて頂いております。
私自身趣味で木工(日曜大工に毛が生えた程度)をしておりますので、いろいろ勉強させてもらってます。
ところで、咳の件ですが、飲酒などによる高血圧が原因でこのような症状が出ることがあるようです。友人にこのような症状の者が居りまして、飲酒を控えることで治まりました。私自身は、専門家ではありませんので、的が外れているかもしれませんが....。いずれにしても、早いうちの医師への相談が最善だと思います。

投稿: 谷口直之 | 2005年10月27日 (木) 00:05

先日は丸いローテーブルありがとうございました。
栗原さんの症状は“寒冷アレルギー”では?
僕も晩秋の気温が下がる時期に、一日の内でも朝晩の気温低下時に、鼻粘膜がムズムズしてクシャミが出たり、気道粘膜に違和感が出て咳が止まらなくなります。体もだるくなります。
冷たい空気が粘膜を刺激して起こると感じています。
体中をヒスタミンが駆けめぐる感じかな。
クシャミが出たり、体がだるくなると、どうにもならないので、寝て回復を待っています。(嵐を過ぎるのを待つだけです)
僕は心臓外科医で専門外ですが、治療は花粉症と同じように抗ヒスタミン剤を使うことでしょう。でも、薬で眠くなる人もいますし…
とりあえずの対策としては、気温が下がる環境を避けることと、危なそうな日はマスクをして、冷気が鼻粘膜・気道粘膜を直撃しないようにしています。
僕自身は喘息等はありませんが、寒冷アレルギーになったのは大人になってからです。最初は原因に気づきませんでしたが、数年繰り返して確定診断しました。
僕の経験では、アメリカ留学中のセントルイスの厳冬(-20℃くらい)を経験して翌年は症状が出なくて喜んだのですが、翌年からは逆戻りしています。科学的根拠はよく分かりませんが、強度の寒冷によるショック療法が効くのでしょうか?
妻は塩水による鼻うがいがいいのではと勧めますが、イヤだと拒否しています。
栗原さんの症状は“寒冷アレルギー”でしょうか?
お体お大事にしてください。お互い体が資本ですから。

投稿: Piroshiki | 2005年10月27日 (木) 08:43

谷口さん
はじめまして、コメントありがとうございます。

そうなんですよね、咳が出るときに酒なんか飲んじゃいけないのだけれど・・・

でも、ビール一杯くらい・・・と言うのがいけないのでしょうね。

幸いにして、現在少しずつ快方に向かっています。 寒さに慣れてくると自然と収まるのが例年のパターンなのですが、やはり一度医者に見てもらったほうがよいかな?

ところで、谷口さんも木工をされているのですね。
 
どのようなものを作られているのでしょうか?

メインサイトの掲示板には写真の貼り付けもできますので、もしよろしければ、是非アップしてくださいね。

では、これからもよろしくお願いします。

投稿: 栗原@simple | 2005年10月27日 (木) 18:51

Piroshikiさん こんにちは。
コメントありがとうございます。

うう~ん、これを拝見すると、私のもまさしく寒冷アレルギーのようです。

実はこの症状、高校生のときからあるのです。
毎年この時期に、気温が急激に変化した時をトリガーとして、咳の症状が数週間続きます。

しばらくたって、寒い環境になじむにしたがって、次第に症状は消えていくのですが・・・
困ったもんです。

なるほど、抗ヒスタミン剤、マスクが有効なのですね。 早速試してみます。

花粉症は全くないのですが、秋初めのこの寒冷アレルギーと、甲殻類アレルギーが私にはあるようです。

かにが美味しい季節になったのに、食べると口の中が痒くなるのです。 カニ・・・大好きなのですが!!

いろいろとご教示ありがとうございました。
これからも、どうぞよろしくお願いします。

ps
ご投稿が二重になっていたようですので、一つは編集にて削除させていただきました。

投稿: 栗原@simple | 2005年10月27日 (木) 19:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54115/6635211

この記事へのトラックバック一覧です: 咳が出るのだ:

« おきゅ膏 | トップページ | おきゅ膏 その2 »