« ラジオ体操 | トップページ | 木取りはパズルだ »

2005年10月30日 (日)

芸術の秋に

午前中作業をして、午後から門司港へ行く。
現在、門司港アート展開催中。

門司在住の工芸家、芸術家達が一堂に会して行われる展示会。
芸術の秋を感じるには良い企画。

昨年までは、私も出品していた。

これ、けっこう準備が大変なのだ。
アート・・・なんて冠をつけられると、腕組みをして唸ってしまう。

私が作っているのは実用家具。
アートとは一線を画したいと思っているのに、アートをやれ・・なんて言われると、こりゃまたどうしましょうか? 
なんてことになったものだ。


アート、芸術
どのように定義するものなんだろうね?

いや、そもそも、アートに定義なんてあるのだろうか?
芸術論、なんて本を読んだこともあるが、これ、言うならば今までアートがたどってきた路線を分類しただけのもの。

鶏が先か、卵が先か・・・
と同じようなもので、芸術の理論があって造形が生まれるのか、造形が先にあって、それの分析が理論になるのか?

知的思考としては面白いかもしれないが、あまり生産的なこととは思わない。
(まあ、一介の町民が言っていることなので、あまり気にしないでくださいね!)

ともあれ、アート展を見た。

面白いものもあるし、そうではないものもある。
著名な人のものが面白いとは限らない。
でも、それは、私の感受性の問題かもしれない。

アートの面白さとは、発信側と受信側の周波数があったときに感じるものなのだろう。
私も、以前は陶器などは全くその良さが分からなかったが、この商売をはじめて陶芸家達とつきあう機会が増えてから、忽然とその造形が面白いと思うようになった。

興味があるから、ものに対する感受性も高まってくる。
それで、今まで何気なく見えていたものが、突然輝きを増してくるのはとても刺激的なことであるには違いない。

アートを見て、それを感じることができる。
その感受性こそが、最も大事で、最も贅沢なことなのかもしれない。

芸術の秋に、つらつらとそのようなことを思ったりするのだった。

|

« ラジオ体操 | トップページ | 木取りはパズルだ »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54115/6761924

この記事へのトラックバック一覧です: 芸術の秋に:

« ラジオ体操 | トップページ | 木取りはパズルだ »