« 強化月間 | トップページ | 残暑厳しき折 »

2005年8月31日 (水)

感傷的な

会社時代の友人が退職することになった。
二人で飲みに行った。

会社時代、ともに議論し、悩み、怒り、笑った友人。
アメリカの経営スクール卒で、ビジネスの醍醐味とは何か? と言うことを教えてくれた人。

友人でもあるし、師でもある。


起業して壁にぶち当たるたび、「あいつならどのように考えるだろう?」 「あいつならどのように解決するのだろう?」 と自答しながらやってきた。
その意味で、今の自分の骨格形成に相当に影響を及ぼした人物。

考えた末の退職だとのこと。
悩みも後悔もあるという。

よく分かる。

悩みも後悔もないような人生なんて幻想に過ぎない。
悩みがあるから解決の糸口が見つかるのだし、後悔があるから明日への希望もわいてくる。

悩みも後悔もないなんて、きっとつまらないに違いない。

新たな道を踏み出す彼にエールを送りたい。
でも、次の職場は1000キロも離れたところになる。
それが寂しい!

なんて、ガラにもなく少々感傷的になった一日だった。

|

« 強化月間 | トップページ | 残暑厳しき折 »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54115/5728935

この記事へのトラックバック一覧です: 感傷的な:

« 強化月間 | トップページ | 残暑厳しき折 »