« CAD | トップページ | 椅子は難しい その2 »

2005年7月30日 (土)

椅子は難しい

午前中、お客様をお迎えして椅子の打ち合わせ。

椅子・・・考えれば考えるほど難しい。
体を直接あずけるものなので、座り心地が第一。

座面高さ、座面の傾き、背板の角度、曲率などなど。
背骨や肩胛骨へのあたり具合・・人によって微妙に違う。

姿勢が決まるようにフィット感がある方がよいのか、自由な姿勢をとることができるように融通性を付与した方がよいのか?

人間工学では、平均的アプローチしかできない。
これが唯一、という数値化が最も難しい領域である。

そのような諸々のことをお話ししながら、30分ほどサンプルの椅子に座っていただいた。
椅子は長い時間座って、はじめて評価が定まる。

長く座っても疲れない椅子。
それを求めて数ミリ単位で寸法を修正してきた。

また、強度も重要。
しかし、無骨では興ざめ。

強度とデザインをどのように両立させるのか?
椅子は難しい。
作れば作るほど難しくなる、迷宮のようでもある。
だから、面白い。

午後からは、学習机の天板、本立てなどの製作にかかる。
と、お客様。
二時間置きくらいで二組のご来訪。

今日は来客の多い日であった。
昼寝して恥をかかなくて良かった・・と胸をなでおろすのであった。

|

« CAD | トップページ | 椅子は難しい その2 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54115/5232438

この記事へのトラックバック一覧です: 椅子は難しい:

« CAD | トップページ | 椅子は難しい その2 »