« 支離滅裂な話 | トップページ | 天板の曲面加工 »

2005年6月 6日 (月)

合板の効用

月曜日はいつも事務仕事から始まる。
お見積もりなど・・・なかなか大変。

手を動かしているより、頭をひねっている時間のほうがはるかに長い。
こんなとき、会社だといろいろ人目が気になるが、一人しかいないのでそのあたりは気兼ねがない。
コーヒーでも飲みながらまったりと・・・なんて訳にも行かないが、頭の中で設計をこねくり回すのがいつもの風景。

その後工房へ。
ホント、最近は天気続きなので助かっている。

今日はキャビネット内のいろいろな仕掛け作り。
楽しいけど、なかなか大変。
こうなってくると、半分くらいは趣味の世界で採算度外視になったりするが、まあ自分が楽しければいいか。

プリンターを置くスライド棚には金属製のスライドレールを用いる。
ベースにするのは18ミリの突き板合板。
何でもかんでも無垢というこだわりはあまりない。
強度、形状安定性など、合板が適するときはそれを使うことにためらいはない。

もちろん、お客様との合意の上に進めるのだが、普段は見えないところに合板をうまく使って全体のコストを下げていくのも大事なことだと考えている。
まあ、これについては木工家でも様々なこだわりや、守るべき基準などがあるので、まあ人それぞれということ。

ただ、時々無垢至上主義というような論調で、無垢=○ 合板=× というような記述を見ることがあるが、それは違うんじゃないか? ということは少々言いたいところもある。

メインサイトではあまり批判的な記述はしたくないので、ブログで時々はガス抜きもしていきましょうかね?

|

« 支離滅裂な話 | トップページ | 天板の曲面加工 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54115/4440831

この記事へのトラックバック一覧です: 合板の効用:

« 支離滅裂な話 | トップページ | 天板の曲面加工 »