« 雑学が増える | トップページ | ビールといえば »

2005年4月28日 (木)

悠々として急げ

小物類を仕上げてひと段落。

さて、家具シリーズの再開。
得意の(?)並行製作。

作業机が二台、ローテーブルが一台。
またまた複数の工程を組み合わせながら、パズルのように日程を組んでいく。

このパズル、どこかがほつれると、いろいろなところに波及して収拾がつかなくなったりする。
できるだけそうならないように、慎重に、急いで進まねばならぬ。

そういえば、開高健が「悠々として急げ」と言ってたっけ?
うん、改めて考えると、いろいろと含蓄のあるいい言葉だね。

悠々と・・という境地にはまだまだ達してないが、多少の余裕を持ちつつスピードが上がるように、そのようなレベルにならねばならぬ。  修行僧のようなことも考えるのだ。

さて、作業机であるが、天板が異型タイプなので、脚の配置が通常と少し異なる。
これをどのように実現するのか??

デザインイメージはあるのだが、構造的に今ひとつうまくない。
複雑すぎる組み手はコストに合わない。
簡単だと強度的に不安。

簡単で、強固で、デザインが美しい構造とは?
常なる命題なのだ。
作業台の前で腕組みをする、天井を見る、窓の外を見る・・郵便屋さんがやってきた・・・
お茶を飲む、専門書をめくってみる・・・

全然悠々ではないのだ!
まだまだ未熟なのです。

|

« 雑学が増える | トップページ | ビールといえば »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54115/3896778

この記事へのトラックバック一覧です: 悠々として急げ:

« 雑学が増える | トップページ | ビールといえば »