2018年11月19日 (月)

開放型のお仏壇

新作のご紹介です。

20181113_002


開放タイプのお仏壇です。
最初に製作したのはちょうど6年前のことでした。

故人を偲ぶための縁として、お仏壇は欠かせないものですが、現代の住宅事情では昔ながらの重厚なものを置くことはなかなかできません。

20181113_003


スペース的にも難しいですし、また、意匠的にも現代の家屋にはなかなか馴染まず、悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

それを解決する一つの答えとして、6年前にお客様と相談をしながら製作したのがこの開放タイプのお仏壇です。

サイズは幅40センチほどですので、箪笥の上などのちょっとしたスペースに置くことができます。
引き出しなどはありませんが、ご遺影や御本尊など、またお花やお供え物を配置したりすることもできますので、お祈りの空間としては必要十分です。

20181113_010


お仏壇は、扉付きキャビネットタイプが一般的ですが、このような開放型の方がより故人を身近に感じられるような気もしますね。

20181113_012


素材はホワイトオーク。
柔らかな木目が、故人の思い出を優しく支えます。

お届け先  東京都

・・・

ちなみに、6年前の作例はこれ・・・
2012111920001


| | コメント (1)

2018年11月16日 (金)

変えどき?

どうも最近パソコンの調子がイマイチで・・・
何かにつけちゃ、動きが止まったりしてストレス溜まるわね~

だいぶ古くなってるし、そろそろ変えどきかなぁ~

( ´Д`)=3

| | コメント (0)

2018年11月15日 (木)

定期お得便とは

とある物をアマゾンで物色していたら、定期お得便という文字が目に入りました。
納期はかかるけど、これを使うと送料無料。

おお、これいいじゃん。
と、早速申し込みました。

別に急ぐもんじゃないし、納期に一月かかっても問題なし。

で、これに味をしめて、他のものも定期便で・・

・・・

それが、、、今日もいろいろ探していたら、たまたま注文履歴をチェックする画面が現れて、それを見てびっくり。

(@_@;)

定期便って、決まった日に物を届ける、、ということではなくて、一定間隔でそのものを配達し続けることだったんですね。
これからの配達予定が、毎月同じものが届くようになっていて、それで画面が埋め尽くされている。

ひゃ~

慌ててキャンセルしたのは言うまでもありませんが、もし知らないままだったら大変なことになるところでした。

・・・・

まあ、今回のことは定期便の内容をよく確認しなかった自分のミスですが、アマゾンには以前にもトラップに引っかかったこともあり、うかつにポチッとしてはいけないなぁと改めて思い知った次第。

同じような勘違いが無いよう、ここに恥を晒しておきます。
みなさんもご注意ください。

| | コメント (4)

2018年11月14日 (水)

食紅に染まる

歯医者通いは続いており、今回はメンテナンス。

今回はいつもとちょっと趣向が異なり、食紅を塗られて磨き残しの部分を確認。
ここを重点的に磨きます、、とのこと。

食紅なんて、小学校以来だわね。
でも、一目瞭然で状態が分かるので、今後のブラッシングの参考にはなりましたな。

・・・

しっかりうがいをして歯医者を後にしたのですが、家に帰って確認するとまだ口の中は結構赤く染まっていて、ドラキュラのよう。

途中に寄ったコンビニで、ひょっとすると店員さんにぎょっとされたかも?

さて、今日もしっかり歯磨きしましょう。

| | コメント (0)

2018年11月12日 (月)

外国人ばかり

ちょっと所用があって街中に行ったら、街路樹がそこそこ紅葉してました。

で、小倉城に行ってみたところ、ちょうど桜の紅葉が盛り・・・
小倉城は桜の名所で、花見のシーズンはそれは賑わいます。
その桜が一斉に紅葉していて、このオフシーズンでもそこそこ楽しめるなと感じた次第。

桜の紅葉はそれほど鮮やかではなく、ちょっとボーッとしていてチコちゃんに叱られそうな感じですが、これだけまとまると遠景には楽しめますね。

人出も多く、観光バスも止まっていてちょっとびっくりしたのですが、聞こえてくるのは外国語ばかり。
なるほど・・そういうことか。

周囲にあるショッピング施設も外国人ばかりで、このような地方都市にも観光化の波が押し寄せているんだなぁ。

・・・

そう言えば昨年だったか、、地元の山に登ったらやはり半分は外国人で、先週は広島県の三段峡という渓谷に紅葉を見に行ったら、ここも外国人ばかりでした。

まあ、政治がらみではいろいろありますが・・
山ですれ違う時、にこやかに挨拶してくれるのは外国人のほうがむしろ多いよ。

面倒くさいことは横に置いておいて、民間レベルではどんどん交流を深めていきたいものです。

| | コメント (2)

2018年11月 9日 (金)

さて、どうしよう?

さて、良いアイデアが・・・

浮かばん  (@_@;)

う~ん、、どうする?

このようなときはとにかく考え続けることで、考え抜いた先にきっとなにか光が見える・・はず。

さて、どうしよう??

| | コメント (1)

2018年11月 8日 (木)

見切り発車で

さて、キャビネット縛りの今日このごろ。
一つは工程も終わりに差し掛かってきましたが、もう一つは今から佳境。

こちらもかつてない構造で、、細部の構造については未だ定まっていません。

(-_-;)

物づくりのやり方は各自様々ですが、まずはきっちりと設計をして、図面を書いて、その通りに作るのが原則です。

人によってはまずは木を見て、木と対話して、その木がなりたいものにしてやる・・なんて言う木工家もいらっしゃいますが、私は20年近く木工をやってきてもそのような境地には達しておらず、未だに木と対話もできず、木の思いも分かりません (@_@;)

まあ、そんな訳ですので、私の場合は最初にしっかりと図面を作るという工程を踏みます。

が、稀にではありますが、どうしても机上で構想を詰めきらないこと、、確実な設計が出来ないことがあり、この場合は見切り発車で製作しながら考えるということもやったりします。

さて、今がその時。

二次元の図面が、実際のパーツとなって立体的に立ち上がってくると、今まで見えなかったものが見えてきて、アイデアも浮かんできます。

さて、どのようなアイデアで進めるか?
今日は、手と頭をフルに働かせる一日になりそうです。

| | コメント (0)

2018年11月 7日 (水)

モヤモヤ感

日本シリーズも終わり、巷ではセールもほぼ終盤のようです。

昨日ショッピングモールに行ったら、ホークス感謝セールとの幟で、例年のように優勝だの日本一だのという文言が見られなかったのがちょっと面白かったぞ。
どうなるかわからない状況で、とりあえず無難な感謝セールという呼び方に落ち着いたんじゃろうな。

ところで、やはりマスコミでは下剋上だのという言葉が踊っていて、10年以上も変わらない発想の貧困さに苦笑してしまいますな。

確かに勝ったのは嬉しいけど、なんだろう、このモヤモヤ感は?
日本一と浮かれる気分にもなれず、二連覇と言ってもその価値はそれに見合うものとは言えない。
リーグ戦では西武に5ゲーム以上も離されていたんだぞ。

記憶する限り、、ホークスが2位以下から勝ち上がって日本シリーズまで制したのは初めてのこと、、のはず。
(その逆は何度もあったけどね)

なので、このような事態となったときの気持ちの持ち方がわからない。

・・・

皆同様の思いを持っているようで、昨日のローカルラジオでCSについて特集をやってました。
CS是非についてのアンケートでは、賛成と反対がちょうど半々。

賛成派は、リーグ後半の間延びした消化試合がなくなるので良い。
反対派は、リーグ戦の結果を短期決戦でひっくり返すことは理不尽。

と、だいたいこのようなことに大別されるようです。
(私は何度も書いているように反対派)

勝っても負けてもすっきりしないこのシステム。
ちなみに、ホークス勝利の瞬間を、私は広島の温泉施設のロビーにあるテレビで見ていました。

この複雑な感情が、より複雑になったことでありました。

来年は、、スッキリと行きたいですなぁ。。

| | コメント (0)

2018年11月 6日 (火)

頂上見える

製作中のキャビネット、、新構造、デザインを採用したことで予断できないままの製作でしたが、昨日無事峠を超えることができました。

事前のシミュレーションが功を奏して、思いの外順調。
懸念していたような事態も起こらず、割とすんなりと進みました。

よし、これでOK。
あとは、残りの工程を淡々と進めるのみ。

頂上が見えてきました。

| | コメント (0)

2018年11月 5日 (月)

思えば遠くへ来たもんだ

連休は次男の大学学園祭へ行ってきました。

すごい人出で、学生のみならず、近隣地域の自治体や民間業者なども露店を出しており、学祭というよりは地域のお祭と言った感じです。

45488860_2277599002314327_992980968


思わず自分の頃のことを思い出しました。
45418631_2277598922314335_454910974


露店は売るのも楽しいですが、店番を交代しながら皆で一杯やるのが醍醐味で、客より先に酔っ払ってしまうことも・・・

ただ、今の時代は学祭でのアルコールは全国的にご法度のようで、昔に比べると極めて品行方正で、上品な事になっているようです。

45517271_2277599082314319_843334319


広いキャンパスは、メイン会場を外れると静かな佇まいで、楓並木も美しく色づいていました。

場所は違えど、なんだかとても懐かしい。
あれから何十年経ったのでしょう?

思えば遠くへ来たもんだ。

| | コメント (2)

«ドキドキ